転職

【諦めるな】40代の再就職、転職は就職支援サービスを活用すべし!

「40代は再就職したり転職することはできないので諦めましょうね」

などといわれてしまう40代の転職活動者のあなた。

その様にいわれてしまった経験はないでしょうか?

40代といえば会社でも第一線でバリバリと働いている年代になります。

多くの人は役職などがついている場合があり、課長や部長などの重要なポストで働いている人もいることでしょう。

しかし、中には全くといっていいほど会社の昇給も無く、さらにはボーナスも無く退職金も将来あまり支給されない会社に勤めていて家族のためにも転職をした方がいいのではないかと悩んでいる40代も多くいると思います。

ですが、40代。

35歳転職限界説などという言葉もある通り、とっくに転職の限界を超えている40代のあなたは今務めている会社よりもステップアップできる再就職や転職はできるのでしょうか?

44歳で転職に成功した同僚や、46歳で再就職を勝ち取った知人を見てきたその経験談をお伝えしようと思いますので、40代で転職活動をされているのでしたらぜひとも読んでみて下さい。

40代でも就職はできる

まず、結論からいいましょう。

「40代でも再就職や転職はできる!」

私自身は、40歳になるちょうど手前の39歳で現在の会社へ転職をすることができました。

実は、私が39歳で転職した会社というのはこれから成長が見込める会社ということもあって、外部から中途採用者をかなり採用していました。

同僚は44歳で転職してきましたし、他の部署では50歳で課長採用された人もいました。

周りを見渡せば30代の転職者が多い中、それでも40代の転職者も結構いたのに驚かされたのですが、一番驚いたのは新しく採用した取締役が61歳だったことです。

現在では年齢制限をして採用活動を企業はすることはできません。

ですので、実際に書類選考で不採用になってしまう40代の転職者はかなり多くいます。

しかし、40代でも経験がある人材というのは企業からしてみると引く手あまたなんです。

その様な求人を見極めて応募していくと書類選考もすんなりと通ってしまうこともかなりあるんですね。

40代というのは正直、雇用する側としてはリスクもあるのですがメリットもあります。

そのメリットを分かっている企業であれば、40代でも再就職は十分可能になります。

40代の中途採用者に求められることを認識する

40代で再就職をしたり転職をして別の企業で働くということは、中途採用者として新しい企業で勤務するということになります。

中途採用者ということは、当然ですが新卒採用や第二新卒とは求められるスキルが違います。

20代ですと企業も再就職する人や転職する人に対しては、新卒や第二新卒と同等とまでいかなくてもそれに近い形で採用する場合が多いでしょう。

しかし40代の中途採用者ということですと、一から業務を教えるというよりは今までのあなたの経験値を買っての採用になります。

これまでの会社員人生であなたが培ってきた経験や知識を、思う存分発揮してほしいという期待を込めての採用になります。

この40代で再就職をしたり転職をするときに一番大事なのは、40代のあなたが企業側から求められる経験や知識があるかどうかで決まってきます。

当然ですが、まったく企業側から求められることがないのであれば失敗に終わってしまいます。

40代の自分自身が一体何を企業側から求められるのか、しっかりと中途採用者として認識することから始めてください。

40代での転職、成功の秘訣とは?

40代で再就職したり転職したりする場合、どうしても多くの方が転職を成功させるには一体どの様な秘訣があるのかと疑問に思います。

若い時と違って採用する企業からしてみれば、40代の人材を採用するのはリスクもかなり大きいのが正直なところ。

若い社員と違って素直に業務を覚えてくれず、今までの会社ではこの様にやっていたとか言ってしまったりしたことありませんか?

経験があるからあなたよりも私は出来ると言い張って、いざ実際に仕事をしてみると全く評価されないくらいの実力しか発揮できなかったりしている中途採用者とか周りにいませんか?

働くという姿勢自体が若い20代に比べて、素直になれない40代の人材を採用するのは企業からしてもリスク以外の何物でもありません。

だからこそ企業は時間はかかれど一から育てることができる、20代の若者を採用する傾向が強いのです。

きっとあなたも人事の担当者をしていると仮定しても、その様なことを考えながら採用活動をしてしまうのではないでしょうか。

そんな世間一般では難しい40代の再就職や転職活動を成功させる秘訣、それは経験と知識のマッチングしかありません。

経験と知識のマッチングというのは、あなたの経験・知識と採用活動をしている企業側が求めている経験・知識がマッチング、いわゆる一致したときに成功します。

私自身もそうですし、一緒に転職をしてきた44歳の同僚や50歳の課長なども経験と知識がお互いマッチングしたからこそすぐに採用されました。

40代の再就職や転職活動は、あなたと企業の経験と知識のマッチングが成功の秘訣になってきます。

転職の考え方を40代はしっかりと持たなくてはいけない

転職についての考え方を40代はしっかりと持たなくてはいけません。

40代という年齢の人材を採用する企業は、かなり高いリスクも一緒に採用する可能性が高いです。

あなた自身がしっかりとした考え方を持っていないと、当然ですが採用されることもないでしょう。

「なぜ、この会社を選んだのか。」

この部分の考え方が一番重要になってくるのではないでしょうか?

それでは一体、40代の転職者がどの様な考え方で転職活動をすればいいのか。

そはれ、自分が採用されたときにしっかりと活躍できている場面がイメージできているかどうかです。

ただ活躍できている場面がイメージされているだけではダメで、詳細にそして鮮明にあなたが転職したい企業でしっかりと活躍できているイメージができなければダメです。

このイメージができるというのは、あなた自身がしっかりとあなた自身の実力とスキルを認識しているからできることです。

40代でもまったくの未経験業界へ行くのはとても無謀なことだといわれます。

しかし、今まで培ってきた経験や知識が未経験業界の企業でも、ある部署でなら活かすことができるとしっかりとイメージできればきっと採用されるでしょう。

私自身もメーカーで働くのは初めての時がありましたが、募集されている業種が今までの経験や知識を活かせるとイメージできたので応募し無事に採用されることがありました。

「考え方=イメージ」

あなた自身が転職したい企業での活躍している姿が具現化できるほどイメージできれば、そしてそれをアピールできれば採用されることでしょう。

40代の転職方法はいくつかある

40代の転職者が転職をするときに気になるのが、転職を実際にする場合の手段ではないでしょうか。

転職の手段といっても実際にはいくつかの方法しかありません。

それぞれの転職の方法について解説をしていきたいと思います。

ハローワークを使っての転職

まず思い浮かぶのがハローワークを使っての転職ではないでしょうか。

会社を退職したりリストラをされてしまったり、また様々な理由から会社を退職したときにまず初めに通うことになるのがハローワークです。

失業保険などの手続きをしなくてはいけませんので、会社を退職した人は必ず行くことでしょう。

私自身も会社を退職したときにハローワークで手続きをし、3ヶ月間だけでしたが失業手当をもらっていました。

ハローワークを使っての転職というのは、正直なところ失業者がメインの求人なのではないかと思います。

私も経験がありますし私の知人も経験があるのですが、正社員として働いていてハローワークに登録をし実際に紹介してもらいたい求人を提出すると必ず言われることがあります。

「現在、しっかりとお勤めになっているのになぜ仕事を探しているのですか?」

正社員として勤めていてハローワークで仕事を探したことがある人だったら、この言葉を言われた経験はあると思います。

ハローワークというのは、失業をしていたりまたは非正規雇用として働いている人達向けの機関なのだと思います。

実際に私が非正規雇用の契約社員として某大手宅配会社で働いていたときは、ハローワークの職員の方もやはく正規雇用の仕事が見つかると良いですねと熱心に話を聞いてくれました。

実際にハローワークで見つけて応募した求人で、大手小売業専門の卸売業へ正社員として採用されました。

40代で正社員として働きながらの転職活動をしているのでしたら、ハローワークを使っての転職はオススメしません。

「40代で正社員としてしっかり働いているのに、辞めない方がいいですよ。」

その様に言われること間違いなしです。

しかし、40代でも失業してしまっていたり非正規雇用で働いている場合は、ハローワークを使っての再就職活動も視野に入れた方が良いでしょう。

新聞などの求人広告を使っての転職

新聞などにも日曜日など決まった曜日に求人が掲載されることがあります。

折込の専門求人新聞のような形で届けられると思います。

実は、新聞に掲載されている求人などは、転職活動者にはかなりのメリットがあります。

新聞に求人を掲載しているということは、人が欲しくてたまらない企業が多いということです。

広告費を支払ってまでも求人をしているわけですから、人手不足で喉から手が出るほど人材が欲しいわけです。

ただし、40代ですと年齢制限で引っかかってしまう場合がとても多いのも新聞の求人の特徴です。

新聞の求人とは、若い人材を募集していることがとても多く、40代以上は中々採用されないことが多いようです。

ですが、経験者などを募集している求人もありますので、問い合わせてみるのもありだと思います。

転職サイトを使っての転職

40代の転職活動で一番定番の方法が転職サイトを使っての転職なのではないでしょうか。

先程も新聞求人の項目で書きましたが、企業がわざわざ広告費をかけて求人をするくらいですから本気度が違います。

また、転職サイトで募集している求人の多くは、40代などの経験者を積極的に採用している会社もあります。

私自身も40歳になったときに、某上場企業のルート営業の求人が出ていたので応募したのですが、書類選考は通過しました。

ただ面接時に条件が合わなかったので辞退してしまいましたが、転職サイトに掲載されていた文言に40代未経験でも可と書いてありました。

この昨今、人手不足で困っている企業が実際にはとてもたくさんあります。

40代で未経験でも大丈夫という企業も、転職サイトには探せば結構あります。

しかしオススメなのは、あなたの経験を評価してくれる企業への転職をした方が良いでしょう。

現職や前職と同じくらいの収入を得たいのでしたら、絶対に経験値を活かした転職をするべきです。

その様な求人が転職サイトには、あなたが思っている以上にたくさんあります。

私も登録してた転職サイトからエージェントによる紹介メールから転職ができました。

40代の転職活動においては、転職サイトを積極的に活用しましょう。

友人や知人の紹介による転職

ハローワークや新聞の求人広告、そして転職サイト以上に強力な転職方法が友人や知人からの紹介です。

40代になると、色々とコネクションもできてくる年代になります。

学生時代の友人たちも様々なポジションについている人も多く、取引先の仲の良い知り合いなども多くできてくる年代です。

転職活動をしているのでしたら転職サイトなどを活用するのもいいのですが、まずは友人や知人に声をかけてみるのもありです。

「取引先の会社が営業の経験者を募集するといっていたよ。」

など、様々は情報をきっと持っているはずです。

また、紹介というのは物凄く強力な武器になります。

あなたの友人や知人が紹介してくれたから、書類選考なしで面接だけで採用などということもあります。

40代のあなたが転職を成功させるための手段の一つとして、友人や知人に転職活動中だということをぜひとも告白してみてはいかがでしょうか?

40代が転職で唯一気にしなければいけない注意点

40代の転職で一番重要視しなければいけないことがあります。

転職や再就職をするときに唯一気にしなければいけないことがあるんです。

20代などは勢いだけで転職できたりする場合も、かなりの確率でありますが40代では勢いだけで転職が成功することはないでしょう。

「やる気はあります!46歳で未経験ですけど御社で雇ってはいただけないでしょうか?」

などと面接で話をして採用してくれる企業もほとんどありません。

というより、そもそも面接までたどり着く前に書類選考で不採用になることが90%以上の確率だと思います。

40代でもしあなたが転職活動者となった場合、また転職活動をする場合に唯一気にしなければいけない注意点は、あなたの経歴をあなた自身が認識するということです。

あなたの経歴を必要としてくれる、あなたの経験をぜひとも我社で活かしてほしいという企業にしか40代での転職は成功しません。

実は結構大勢の40代の転職者が、自分自身の経歴と経験を認識せずに自分がやりたい仕事や働きたい会社に応募することがとても多いのです。

その様なことが通用するのは20代だけです。30代でギリギリではないでしょうか?

40代のあなたは、今まで様々な経験をしてきています。

今まで培ってきた経験や知識を再認識して転職活動に挑まなければ、成功を掴むことはできないでしょう。

マイナビ 転職などを活用して40代就職支援サービスで成功する

40代ともなると実際にあなた自身がどの様な経験をしてきて、どの様な仕事に対する強みを持っているかしっかりとわかっていることだと思います。

しかし、自分自身の仕事としての強みを分かってはいても、それをしっかりと伝えられるかどうかは別です。

40代になるまでにしっかりと実力を身に着けてきたあなた。

そんなあなたが転職を考えたときに、あなたのやりたい仕事と給与などの希望とがマッチングした求人が掲載。

書類選考は通過しても実際の面接でうまく企業側にアピールができず、不採用になってしまった。

そんな経験、実はあるのではないでしょうか?

私の知り合いの40代の方々や、務めてきた会社で40代で転職してきた方々に話を聞くと、アピールがうまくいかず不採用になってしまった経験をしてきた40代の方々は結構いらっしゃいました。

というよりも、皆さん一度は経験をしていました。

40代というのは実力があります。

その実力と企業が欲している能力がマッチングしているにも関わらず不採用になってしまっては元も子もありませんよね?

やはり40代での転職は難しい…そう感じていませんか?

そんな時におすすめなのがエージェントを活用した転職です。

エージェントを活用するメリットは、主に2つあります。

1、「履歴書や商務経歴書などをエージェントが管理し応募を代わりにしてくれる」

2、「年収の交渉をエージェントが行ってくれる」

転職では普通、自分自身で履歴書と職務経歴書を郵送しなくてはいけません。

しかし、エージェント経由での応募ですと履歴書と職務経歴書をエージェントにメールで渡すパターンが多いです。

そのため手続きも簡単で、さらにはエージェントがあなたのことを応募先企業へ積極的にアピールしてくれます。

これによって採用率もグッと上がる傾向が強いです。

さらに年収の交渉もしてくれる場合が多いです。

私もエージェント経由で企業から内定をもらったとき、年収が思っていたよりも20万円ほど少なく断ろうと思っていました。

そんな話をエージェントにしたところ、年収アップを交渉してくれ実際に20万円アップし、希望の年収になり転職をしました。

実際、年収の交渉って自分自身ではやりづらいですよね?気を使ってしまいますし。

転職において重要な部分を全て代行してくれる、良い方向へもっていってくれるのがエージェントです。

40代で転職を考えているあなたでしたら、積極的にエージェントを活用してみるのがオススメです。

マイナビエージェントなどに登録して、積極的に年収アップの転職を成功させてください。

マイナビエージェント
年収UP交渉もお任せ!人材業界35年以上の歴史を持つマイナビの人材紹介サービスだから実績が違います!

-転職