人生 転職

高卒は転職がうまくいかない現実がある。そんな高卒でもおすすめの転職成功例はあるのか?

今現在の日本というのは、大学全入時代。

街にいる大学生に学歴についてのインタビューをする番組があったときの大学生の答えが…

「とりあえず大学へは行ってる感じ。」

「ステイタスかな。」

「就職のためにも大学に行ってる。」

というこの様な答えが多かったです。

だったら高卒の私は仕事を失い就職先を見つけようとしても見つからないし、今の会社に不満を持っていても転職ができないということなのかと不安になりますよね?

本当に高卒であるということだけで転職はできないのか、そんな高卒転職に関する不安を吹き飛ばす内容を書いてみましたので、ぜひとも高卒のあなたは読んでみて下さい。

高卒の転職は厳しい現実

高卒というのは、実は高校を卒業する段階での就職はとても有利に運ぶことができます。

なぜならば、高校側が就職先をあっせんしてくれるからなんですね。

実は企業というのも高卒枠というものを設定している企業があり、ある特定の高校からの高校生の就職を受け付けている企業も結構あるんです。

逆に大学生などは、自分で全てのことをしなければいけません。意外と大学生が就職する時というのは大変なんですね。

それでは就職ではなく、ある程度社会に出て経験を積んでから転生するという場合はどうなのでしょうか?

高卒だからと大卒よりもハンデはあるのでしょうか?

結論からいいますと、まったくありません。

転職というのは、あなた自身がこれまで身につけてきた、培ってきた経験が一番重要になります。

ただ企業によっては、転職採用でも大卒しか採用しないと決めている企業もありますので、その点は注意が必要になってくるでしょう。

経験重視でも高卒の転職は難しいのか?

転職というのは、経験が重視される採用になります。

確かに新卒採用であれば企業も高卒よりも大卒を採用したがるでしょうし、そもそも大卒しか新卒は採用しない企業もあります。

若いのでしたら特に同じ条件であれば中途採用でも大卒を採用するでしょう。

高卒の転職は難しいといっている人は、実際に大卒の方が多いのではないでしょうか?

決してそんなことはなく、企業もバカではありません。

大卒でも仕事ができない人もいますし、当然ですが高卒でも仕事ができない人もいます。

学歴で仕事ができるできないではないことくらいは企業はしっかりとわかっています。

特に転職の場合ですと、ある程度の即戦力を求めてくるわけですから、本当に経験が重視されます。

「高卒で5年間経験を積み、主任として現場を仕切っていた人」

「大卒で2年間経験を積んだだけの人」

中途採用で企業がどちらを採用するかは目に見えていますよね?

高卒が転職できないといわれるわけ

そもそもなぜ高卒だと転職ができないといわれているのでしょうか?

単純な話なのですが、高卒よりも大卒の方がしっかりと教育にお金をかけてきた分、教養もあるというのが大きな理由なのだと思います。

他にも理由があるとすれば、高卒よりも大卒の方が忍耐力があるので採用をしても辞める人が少ないともいわれています。

高卒よりも大卒の方がなぜ忍耐力があるといわれているのかというと、大学というのは4年間の中で様々な課題をこなしていかなければいけません。

その課題をクリアしていくため自分自身で調べたり、行動をしていかなければいけないなど大変な部分もあります。

よく大学生というのは遊んでばかりいると世間のイメージはありますが、実際に遊んでばかりいても勉強もしっかりとやっている部分もあるのです。

ある会社の人事担当者も「新卒採用でうちが大卒しか採らなくなった理由は、高卒はすぐに辞めていってしまうから。」と話していた人事担当者もいらっしゃいました。

しかし、経験を積んでの転職ということであれば話は違ってきます。

高卒だろうと大卒だろうと転職者に企業が期待するのは即戦力です。

大卒の新卒者でも入社3年で3割辞めるといわれています。大卒者だろうとたくさん退職しているのが現実なんですね。

高卒よりも大卒の方が忍耐力があり退職していかないといわれているのが高卒が転職できない理由といわれていますが、転職というのは即戦力が求められますのであなたの経験を活かせる企業へ気にせず応募していって大丈夫です。

転職希望の20代高卒は成功しない?

転職において高卒であるから成功しないというのは関係ないとお話ししました。

それならば20代の高卒も転職しても成功しますか?ということをよく言われたり人づてに聞いたりします。

20代ってものすごく若いですよね。

結論からいいますと、成功しやすいと思います。何といっても若いですから。

しかし、この20代で転職というのは高卒だろうと大卒だろうと転職においてメリットもデメリットもあります。

メリットは、何といっても若いということです。

若いというのは20代のあなた自身が思っている以上に、ものすごく特をすることがたくさんあるんです。

それほど経験値を積んでいなくても、若いというだけで転職が成功するなんてことたくさんあるんですね。

変に経験を積んできて扱いずらい30代や40代よりも、あまり経験を積んできていない扱いやすく覚えも早い20代が採用されやすいのは明白です。

逆にデメリットは、20代の若くして退職をして転職活動しているということは、忍耐力がないと思われてしまうことです。

大卒の新卒者でも3年以内に3割退職していきます。

私が以前働いていた会社の大卒新卒者も、早い人だと6ヵ月で退職していきました。

いくら若いといっても、そんな早く会社を辞めてしまった人を採用しますか?

正直、この部分に関しては企業の採用担当者のさじ加減にもよりますので何ともいえませんが、20代で転職をするときにはしっかりとした動機が必要になるでしょう。

それでも高卒の20代であろうと、若いという武器があるのは事実ですので成功する確率は30代や40代よりもあるでしょう。

高卒の転職成功例

高卒である人の転職成功事例というのは、世間が思っている以上にたくさんあります。

例えば、私です。

私は、就職氷河期世代の高卒なのですが、みなさんもご存じのように就職氷河期というのは、大卒でも中々就職が決まらない人がたくさんいた時代です。

多くの大卒の友人達も新卒での就職に失敗し、派遣社員になっていたりしていました。

何を隠そう私自身もフリーターになってしまい、その後かなりの長い年月をフリーターとして過ごしてしまいました。

せっかく決まった正社員の仕事もすぐに辞めてしまったり、会社の業績が悪いからと希望退職を迫られたりして安定した仕事に就いたのは30歳を過ぎてからです。

普通に考えれば人生負け組の歩み方ですよね?

それでも今まで経験してきたことをアピールし、30代の時に資本金10億円、年商500億円の日本全国の小売りチェーンに商品を卸している卸売業に転職することができました。

その後、年商300億円の医療用医薬品の卸会社や1部上場企業の商社の物流子会社、また誰もが知っている小売りチェーンの商品を製造している会社への内定など頂くことができました。

高卒の私が全て転職活動時にこれらの企業から内定を頂くことができたのです。

この私の経験からわかるように、高卒だってしっかりと転職ができますので安心してください。

まとめ

現在働いている会社でも、それまでに転職して正社員として働いてきた会社でも高卒で転職してきた方はたくさんいました。

私が今働いている会社では、私と同じ年齢で私より先に転職してきた高卒の方が1年後に係長に昇進しています。

以前の会社では、中途採用で入社してきた上司の方が高卒でしたが、部長として責任あるポジションで仕事をしています。

転職に高卒も大卒も学歴などは関係ありません。

稀に一部の会社で転職者に対しても、大卒しか採用しない会社もあるのは事実です。

しかし、ほとんどの企業というのは中途採用者に対して経験値しか見ていません。

高卒のあなたでもしっかりと働いてきたのならば、他の企業へ行っても活かせるスキルが必ずあるはずです。

自信を持って転職活動に励んでいきましょう。

-人生, 転職