仕事 転職

【まだ慌てるような時間じゃない?】40代の仕事の探し方とは?男性も女性も40代からでもできる一生出来る仕事の探し方。

40代でフリーターだったり、もしあなたが40代無職の状態であったとしたら…

「まだ慌てるような時間じゃない。」

などと、某大人気スポーツ漫画の有名なセリフの様なことはいってられないですよね?

むしろ慌てろよ!と周囲はきっといってくるに違いないです。

40代といえば、人生の後半戦に突入している年代です。

結婚して子供もいる人も当たり前にいることでしょうし、両親もかなり年配であったりもしくは亡くなっていてもおかしくない年代が40代です。

40代で転職をしたいと考えたり、就職氷河期世代のために今現在もフリーターや契約社員などの非正規雇用で働いており、正社員としての転職を考えている人も大勢いると思います。

しかし、20代や30代の若い世代の様に勢いだけで転職が決まる年代でもありません。

私自身も40代になる手前、39歳でホワイト企業へ転職しました。

40代になってからも、いくつか企業数社からスカウトが来たりもしています。

40代で転職を考えているあなたに、40代での仕事の探し方のコツと転職へのノウハウを書いてみましたので、ぜひ読んでみて下さい。

仕事の探し方は40代で変わってくる?

まず始めに、厳しいことをいいますが40代の方の転職というのは若干難しいという現実があります。

そのため、仕事の探し方も少し工夫をしなくてはいけない場合も出てきます。

企業としては当然ですが、20代や30代の若い人材を欲しがる企業がほとんどです。

理由は単純で、若い方が物覚えも良いですし、何より40代の様に凝り固まった考え方をしていないので仕事がしやすいというのもあります。

実際に私自身が企業の採用担当者だったとしたら、若くて可能性のある人材を採用る可能性が高いです。

それでも、40代としての経験値を評価してくれる企業もあります。

私は、今までの経験を評価されて今まで転職を掴み取ってきました。

そんな40代の仕事の探し方でオススメの方法は、何といっても転職サイトや転職エージェントに登録することです。

「ハローワークや求人広告は、どうなのかな?」

仕事探しの王道でもあるハローワークや求人広告などもあるのですが、40代の仕事探しで断然オススメはやはり転職サイトや転職エージェントです。

ハローワークや求人広告などの求人へ応募しても、ほとんどが40代という年代だけで書類選考も通らない可能性が高いです。

しかし、転職サイトや転職エージェントの場合ですと、登録してあるあなたの情報をもとに求を出している企業へプッシュしてくれます。

ハローワークですと、この年代では厳しいななどと窓口でいわれてしまうこともあります。経験ありませんか?

私自身も40代になって慣れない環境から再び転職しようと思ったときに、転職サイト経由で3つの求人へ応募したのですが、40代という年齢にもかかわらず書類選考は全て通過しました。

これは、転職サイトの担当者からの後押しがあったからです。

もしあなたが40代で仕事を探しているのでしたら、迷わず転職エージェントに相談することをオススメします。

今現在の転職市場の動向など、全て教えてくれるので良いですよ。

40代から一生出来る仕事に就きたい

「せっかく40代という人生の後半戦を迎えるわけだし、転職して一生できる仕事に就きたいです。」

若い頃は、まだまだ色々と経験を積みたいなと考える人も多いのですが、40代になってくると残りの人生、一生働ける仕事に就きたいと思うことでしょう。

私もそう思いましたし、あなたもきっとそう思っているはずです。

友人や知人からよく聞かされたり話の話題になることがあるのですが…

「一生できる仕事ってどんな仕事なんだろう?」

という疑問です。

これ、答えからいってしまうと、どの様な仕事も一生できるというのが答えになります。

正直、どの様な過酷なブラック企業で働いていようと、ボーナスなども無い福利厚生の悪い企業で働いていようと、その場所で働く環境に慣れてしまえば一生働き続けることは可能です。

しかし、40代で転職を考えている人、もしくは非正規雇用で働いており正社員として転職したいと考えている人などは、40代一生働ける仕事を探していることだと思います。

それでは40代で一生働ける仕事とは一体どの様な仕事なのでしょうか?

それは、あなた自身が働いていて働きやすいと感じる職場環境の仕事でしょう。

大企業や中小零細企業という括りではなく、さらには業界や業種という括りでもなく、あなた自身が実際に勤めてみて少しでも我が家の様に落ち着けて働けるような環境の職場が一生働ける仕事の職場です。

私自身も運送会社、宅急便、卸会社、物流会社、医薬品関連会社、製造会社で働いてきました。

職種としては、どれも似たような仕事をしていたのですが、この6つの中で1番落ち着けて働ける環境の職場は、現在も務めている製造会社でした。

あなた自身が得意である職種で、さらに落ち着ける環境の職場で働ければ、それは一生働ける仕事になります。

そうはいっても、実際に働いてみないことにはわからないので、転職の口コミサイトなどをチェックしてみるのをオススメします。

40代転職してひとりでできる仕事

人間関係に疲れてしまっている40代の人達は、特に人とあまり関わらなくてもいいような仕事をしたいと思いがちです。

とはいっても少なからず社会で働くということは、人と関わらなくては仕事はできません。

「そうはいっても、人間関係が苦手なんだよね…」

という人も大勢います。

私も一時期、たくさんのパートさんたちのマネジメント業務をしていましたが、次は絶対に関わりたくないと思いました。

そんな私の現在は、取引先との関りが逆に多くなってしますので、より一層デリケートな付き合いになっています。

転職して1人でできる仕事といえば、在宅でできる仕事がいいでしょう。

現在では、出勤しなくても在宅でできる仕事や部署の募集をしている企業もあります。

私が勤務している会社の取引先企業でも、在宅ワークで仕事をしている取引先もあるので、1人で仕事がしたい人には在宅ワークがオススメです。

また、1人でできる仕事だと独立して働ける仕事もいいかもしれません。

私の義理の父親や、実の弟は職人として独立して仕事をしています。

ですが、独立して仕事をするのは並大抵の努力が必要になってきますので、よく考えてから独立を考えた方がいいでしょう。

そもそも、独立して仕事ができるスキルと顧客がいるのが前提になりますので、難易度は高いです。

人と関わらない仕事に就きたい40代にオススメの仕事

1人でできる仕事を探している40代の人達へ伝えたいのは、絶対に100%人と関わらなくていい仕事はないということです。

40代にもなれば、その様なことは理解していると思います。

けれども、なるべく人と関わらなくていい仕事をしたいという気持ちも分かります。

そんなあなたに、いくつかの人となるべく関わらなくてもいい仕事を選んでみました。

人と関わらなくていい仕事その1、ドライバー(運転手)

トラックドライバーは、人とあまり関わらなくてもいい仕事の代表格です。

バスの運転手やタクシーの運転手になると、お客さんとのコミュニケーションが発生してしまうので、必然的に人と関わる回数も多くなってしまいます。

トラックドライバーは、荷物の積み込み時と荷下ろし時に人と関わるだけで運転しているときは基本的に1人です。

ドライバー不足問題もあり、フォークリフト免許や大型免許を持っていれば転職もしやすいでしょう。

ただし、体力勝負の仕事でもあるのと、拘束時間が長かったりするのがデメリットです。

人と関わらなくていい仕事その2、製造工場などの作業員

製造業などの工場で働くラインの仕事は、仕事中は人と関わらなくても大丈夫です。

1日に必要な商品の製造数を黙々と生産するのが仕事になります。

ですので、その目的の生産数が終了するまで、同じ仕事を黙って繰り返していればいいです。

しかも、時間通りに終わるように生産計画が組まれていますので、休憩時間もしっかりと取れますし仕事も定時で帰宅できることも多いです。

ただし、ずっと同じ作業の繰り返しになりますので、飽き性の人には向かない仕事でもあります。

人と関わらなくていい仕事その3、自動販売機などの補充員

町中に設置してある自動販売機の補充の仕事も、人と関わらなくてもいい仕事になります。

ドリンクなどの自動販売機の補充を請け負っている会社が実は結構あります。

ドリンクごとのメーカーごとに補充管理の会社が分かれている場合が多いですね。

結構、体力勝負な仕事でもありますが、基本的には人と関わらなくてもできる仕事です。

人と関わらなくていい仕事その4、プログラマー

パソコンを使ってのプログラミングを組みプログラマーの仕事も、あまり人と関わらなくてもいい仕事です。

与えられた課題をこなすまで、黙々とプログラミングをすればいいのです。

ずっと座りっぱなしで疲れてしまうのが大変ですが、黙々と仕事ができるのは工場の作業員と似ています。

しかし、納期に間に合わせなければいけない宿命がありますので、残業時間が多くなってしまうのがデメリットです。

40歳代から長く働ける仕事に就くには

私は、40歳の手前である39歳でホワイト企業へ転職しましたが、これを最後にしたいと思いました。

多くの皆さんが、40代での転職を考えているのでしたら、次は長く働ける仕事に就きたいと思うはずです。

きっとあなたもそう思うのではないでしょうか?

「今現在40歳。もう次が最後の仕事にしたい!」

そう思うのも、無理はありません。

もし転職をした場合、新しい職場ではまた1から仕事を覚えなくてはいけませんし、慣れていないので緊張もすることでしょう。

それでも40代での転職で長く働ける仕事を見つけ就職するには、どうすればいいのでしょうか?

まずは、あなたが今まで仕事をしてきた経験の中で、1番活躍できた時を思い出してください。

1番活躍できていたということは、それがあなたに向いている仕事だということです。

活躍ができていて向いていた仕事だけど辞めてしまったのは、待遇が良くなかったりブラック企業だったりしていたわけです。

次は、その経験が活かせるホワイト企業へ転職をすれば長く仕事を続けることができます。

また、理論的なことで40歳から長く働ける仕事に就くということで説明させていただくと、身体に負担がかからない仕事がいいでしょう。

私の会社と取引している運送会社のドライバーも、還暦に近い人はパレットで輸送できる仕事しかしません。

それだけ、身体がもたないのです。

若い頃から力仕事をしていたのでしたらいいのですが、40歳から身体に負担がかかる力仕事は難しいです。

40歳から長く働ける仕事に就くには、あなたの1番活躍できた仕事の経験を活かせる仕事を見つけましょう。

できる仕事がない40代

「実は、40代なんですが、できる仕事がないんですけど…?」

世の中にはたまに、40代でもできる仕事がないという人がいらっしゃいます。

本当に?と疑いたくなりますが、これ本当なんです。

この様なことをいっていいのかは分かりませんが、何をやらせても仕事ができない人がいます。

あなたの職場にもきっと1人か2人は、40代といういい年代にも関わらず仕事ができない人いると思います。

人間とは不平等なものでして、何をやらせてもある程度のことはできてしまう人もいれば、逆に何をやらせても何もできない人というのもいます。

自分から仕事をやろうとしないサボり癖のある人は、ほおっておいてくださいね。

例えば、できる仕事がない40代はどうすればいいのでしょうか?

転職をして今よりもいい会社へ行きたいと思っていても、できる仕事がないのでは転職も難しいのかもしれませんよね?

しかし、安心してください。

私が以前働いていた職場では、45歳で同じ部署へ転職してきた全く仕事ができない人が転職してきましたから。

無能な人というのは、自分自身が無能だということに気づきません。

特に意識高い系の無能の人は、自分がとても仕事ができる人間だと思い込んでいるのでたちが悪いです。

ですので、できる仕事がないと自分自身気づいた40代のあなたは、ある意味ではしっかりとしています。

できる仕事がないのであれば、それなりに仕事をして生きていけばいいのです。

残酷な話をしてしまいますが、自分ができる仕事がきっとあると期待して一生懸命になったら負けです。

与えられた仕事を周りに迷惑かけずに、それなりに仕事をして給料を貰えれば良くないですか?

できない自分を採用してくれた会社で、それなりに仕事をしていきましょう。

40代無職は死ぬしかないのか?

もしあなたが、40代で無職だとしたらとてつもない絶望感を感じてしまうことでしょう。

そして…

「40代にもなって無職な自分は、もう死ぬしかないんじゃないか…」

などと、とてもネガティブなことばかりを考えてしまう毎日をきっと過ごしているはずです。

何でそんなことを言いきれるのかというとですね、私自身がそうだったからです。

40代手前の38歳のときに、会社の転籍続きで最後の転籍先がブラック企業になってしまったことがきっかけで退職しました。

退職してから貯金を切り崩しながら仕事を探していたのですが、その時期は本当に毎日毎日ネガティブなことばかりを考えていました。

「なんでこうなってしまったのだろう。こんな自分は生きている価値なんてないのではないか。」

などということを、本気で毎日考えていました。

ギリギリ30代の38歳だった私でもこの様に無職であることに対して、とてもネガティブなことを考えてしまったわけです。

40代の人が、無職になってしまったらネガティブなことを考えないわけありません。

ただし、40代で無職であるから死ぬしかないなんて思ってはいけません。

40代で無職であるならば、転職活動に全神経を集中させればいいのです。

ですが、ここで注意しておきたいことがあります。

無職ですと収入が無いのでアルバイトでもパートでも、取り敢えず収入を確保したいと思ってしまいます。

1ヵ月か2ヵ月生活できる貯えがあるのであれば、正社員としての仕事を探すことに集中した方がいいです。

お金が本当に無いのでしたら、無職から抜け出せる転職先が見つかるまでアルバイトなどをすることもやむを得ませんが、無職の状態からアルバイトへ転職してしまうと自己肯定感が物凄く下がってしまいます。

自己肯定感が下がってしまった結果、そのままズルズルといってしまう可能性が高いのです。

ですので、なるべく早く正社員の仕事を探してください。

40代無職だからといって死ぬしかないわけではありません。

40代でしたら、まだまだ十分にやり直しは可能ですから。

まとめ

男性も女性も40代という年代は、人生の後半戦に足を踏み入れる年代です。

40代という節目で、残りの人生をどうやって生きていこうと考えたときに、仕事を今よりも良くしたいと思うこともあります。

「40代だけど、まだ慌てるような時間じゃないよなー。」

などと本気で思っているのでしたら、慌てて下さい。

残りの定年までの人生は、40代に突入したときからあっという間にやってきます。

40代まで働いてきた仕事から、もっといい環境の職場へ本気で転職をしたいと思ったり、ブラック企業や福利厚生の悪い仕事から転職したいと思ったら少し慌てた方がいいです。

また、40代は就職氷河期世代のため非正規雇用で働き続けてきたら、40代になってしまったという人も大勢います。

40代は、人生の後半戦への第一歩。

本気で40代で転職を考えているのでしたら、少し慌てて行きましょう。

-仕事, 転職