仕事 転職

【私の戦闘力は〇〇です】年収を上げる単純な方法が実はある?資格か努力か転職か。年収アップの裏技が実はあるのです。

今の少ない年収では、とてもじゃないが納得できない!

そんな風に毎日考えているのは、決してあなただけではありません。

例えば、日本を代表する某有名漫画の大ボスが放った驚きのセリフがあります。

「私の戦闘力は53万です。」

戦闘力が5万や10万くらいの戦士からしてみたら、本当に驚きの戦闘力だと当時の私は驚愕しました。

53万は年収としてはとても少ないのですがね…

私自身も数回の転職の中で、年収が上がることもあれば下がってしまうこともありました。

特に、家族がいる人でしたら年収を上げるために様々なことを考えたり、実行をしている人も大勢いることでしょう。

それでは、チート級の格闘アニメの戦闘力の様に、年収を上げていくにはどうすればいいのか?

そんな年収を上げたいあなたの疑問にお答えします。

ぜひとも、読んで下さい。

年収を上げるには努力が必要?

もしかしたら、年収を上げるためにあなたもいくつかのこんなアホみたいなことを考えてはいませんか?

「今の会社で一生懸命に働き続けていればきっと年収は上がっていくさ!」

「終身雇用の日本では、働き続ければ勝ち組。」

「修行の様に、今の環境でも頑張れば報われるのがこの世の中ですよね?」

この様な考え方、努力をすれば年収が上がる…報われると本気で思っているのでしたら、それは大間違いです。

努力は努力でも、年収の上がらない会社でどんなに努力しても上がりません。

100%断言しますが、その様な会社でどんなに努力しても年収は上がりません。

「だって…努力は報われるんじゃ…?」

あなたが一生懸命に努力したことというのは、絶対に報われます。

努力というのは、良きも悪きも必ず結果として返してくれます。

しかし、年収を上げるためには努力の使い方に工夫が必要になってくるのです。

私自身も、会社都合で転職させられた新しい企業で目の当たりにした現実がありました。

どんなに一生懸命に努力をしても、会社規定で定期昇給が無い会社であれば年収は上がらないのです。

あなたの年収を上げるという努力は、その努力というリソースを注ぎ込む場所を間違えてしまうと、惨めな結果しか残らないのです。

年収を上げるには、今の年収が上がらない会社で努力をすることではないのです。

年収上げるのに資格が必要?それともそんな資格があるのか

よく人生の一発逆転を狙ったり、転職に有利だという理由で資格取得に必死になっている人が大勢います。

会社から評価されるためだったり、評価され年収が上がることを期待して資格の勉強に励む人がいますね。

結論からいいますと…

余程の難関国家資格の様なものではない限り、年収を上げるためのきっかけにはなりません。

「そんなことはないでしょ!」

必死に資格を勉強している人からしたら、頭をガツンとやられてしまうことでしょう。

実は私も、資格をいくつか持っています。

その資格を取得していないと、操作することが出来ない国家資格も持っています。

公的資格も、持っています。

しかし、年収が上がったことは1度もありません。

確かに、転職時に国家資格は評価されることもありました。

その国家資格がないと、操作してはいけない乗り物でしたので。

ですが、それで年収が上がったことは1度もありません。

会社にもよるのでしょうが、資格で多少の数千円の手当を支給してくれる会社もあります。

ただ、劇的に資格によって年収が上がることはありません。

年収を上げる単純な方法

35歳で年収が300万円しかない人も大勢いることでしょう。

「俺、35歳にもなって300万円しか年収ないのはきついよなー。」

もし、あなたが年収の低い今の会社に居続けている限り、年収は低いままです。

どんなに会社に期待をし続けて働き続けていても、年収が低く設定されている業界で働いている限り年収は低いままです。

実は、年収を上げるには単純な2つの方法があります。

年収を上げるには転職

もし、あなたが年収を上げたいのでしたら、転職するのが手っ取り早いです。

働いている業界で、年収というのは決まってしまう傾向があります。

例えば、小売業界に勤めているよりも金融業界に勤めている方が年収は高いです。

より会社に残るお金が高い業界の方が、年収は高くなってしまいます。

他にも、同じ業界内でも年収には差が出てしまいます。

地方の商社に勤めているよりも、大手商社に勤めている方が年収は高いです。

私自身も同じ物流業界で転職を考えていたときに、1部上場企業の商社系物流会社から内定をもらったことがあります。

内定をもらったときに提示された年収は、500万円で約100万円の年収アップでした。

結局は、全国転勤が嫌で辞退してしまいまいしたが、もし仮に入社して5年や10年と働いていれば、年収は750万円くらいまで上がっていたそうです。

劇的に年収を上げたいと考えているのでいたら、働く業界を変えたり同じ業界でも大手への転職を考えるのがいいでしょう。

年収を上げたいなら副業

あなたが今現在の仕事内容には不満が無く、唯一ある不満が年収の低さだとしたら相当悩んでしまいます。

仕事内容に不満が無いということは、その仕事をずっと続けてもいいということです。

しかし、ずっと年収が低いまま働いていくのは、家族を養っていく上で辛いです。

「今の仕事内容に不満が無いから、辞めたくはないんだけどな。」

悩んでしまいますよね?

そこでおすすめなのが副業です。

休日や平日の仕事が終わった時間を活用して、副業をすることで収入アップさせることができます。

私も副業をしています。

ネットショップを運営している副業をしています。

年間で70万円ほど利益があるので、副業をプラスすることで年収を70万円上げていることになります。

ネットショップなので、続ければ続けるほど売り上げも上がり利益も年々増えています。

今ですと、クラウドワークスランサーズなどで自宅で出来る副業もあります。

転職をせずに年収を上げたいと考えているのでしたら、副業を取り入れてみて下さい。

年収を上げるスキルがある

年収を上げるには転職をするか、副業をするのが1番手っ取り早い方法だとお伝えいたしました。

多くの人の場合、本業の他に副業を行うのは大変です。

実際に副業をし年収を上げている人というのは、ほとんどいません。

そのため、年収を上げるのに多くの人が実行するのが転職です。

転職で年収を上げるのに必要なのが、スキルです。

あなたが今まで働いてきた会社で培ってきた経験とスキルが、年収を上げる転職には必要です。

年収を上げるスキルというのは、あなた自身の経験…それがスキルです。

私自身、ずっと物流関係の仕事をしていました。

その物流関係の経験、スキルで転職を成功させてきました。

物流会社から卸会社、卸会社からメーカーなどと業種が変わっても、それぞれの業種で物流の経験とスキルはとても評価されました。

年収が100万円アップの500万円で頂いた内定も、商社系列の物流会社でした。

現在働いている会社はメーカーですが、物流部に所属しており転職したときは、前職よりも30万円ほどアップしました。

勤務して3年目には、役職も上がり35万円ほど年収も上がっていて、今まで働いてきた会社で1番の年収を頂いています。

あなたにも必ず今まで働いてきた経験があるはずです。

その経験とスキルを評価してくれるであろう業務内容の求人へ応募し、転職を成功させることができれば年収は必ず上がることでしょう。

20代年収上げるには

もし、あなたが20代というパワーに溢れている若い年代であり、それほど経験やスキルを身につけていなかったとしても、年収を上げることのできる転職は可能です。

「本当ですか!?」

「まだ未熟な20代なんですから、止めて下さい。」

「期待を持たせるようなこと言わないでくださいよ!」

疑いの返答が多くの20代の方から聞こえてきそうですが、20代の若い世代だって転職して年収を上げることはできます。

新卒で入社した会社が毎年の定期昇給があるのであれば、その会社で長く働いていれば年収は上がっていきます。

しかし、大きく年収を上げ、その後の昇給も多くなる会社で働きたいのでしたら転職するしかありません。

20代の若さで経験もスキルもそれほどない状態で年収を上げるには、業界を変える転職をするしかありません。

「業界を変える転職??」

パッと聞くと難しいと思いますが、分かりやすく伝えると年収の多くもらえる業界へ転職するということです。

私が以前に働いていた会社に入社してきた新卒の子がいました。

入社してこの業界の慣習に疑問を持ち、さらには将来を見据えたときの年収に不満があり3年目で転職を決意。

扱っている商品は同じでも、卸売業の営業から製造業への営業へ転職をし、一気に年収を26歳のときに50万円ほどアップさせました。

業界によってもらえる年収には差があるのが現実です。

20代の若さがあれば、それだけで新しい業界への転職が可能です。

20代で年収を上げるには、年収が高い業界への転職をしましょう。

こちらの書籍にやり方が詳しく書かれていますので、オススメですよ。

30代年収上げるには

30代といえば、新卒で入社した人などは役職についている時期でもあります。

係長の役職についている人は結構いますし、課長の役職についている人もいることでしょう。

もしくは、部長にも…

役職に就くことで一気に役職手当によって年収が大幅アップしている可能性が高いのが30代です。

そんな年収が上がっている30代が年収を上げる方法は、先程もお伝えしましたが転職と副業の2択です。

「ここまで来て転職というのはちょっと…でも、年収を上げたいんです。」

この様に、今現在の地位を捨てずに年収を上げたいのでしたら副業しかありません。

今まで仕事で身につけてきた経験が自宅にいながらの副業で活用できればいいのですが、その様な経験や技術が無いのでしたら身につけることから始めるのも良いでしょう。

私自身の副業も、30代を超えてからスタートしました。

ワードプレスを活用したweb制作や、webマーケティングの知識を勉強してきたからこそネットショップを運営することができました。

30代で技術を身につけて副業をするのも年収を上げるのに良いと思います。

また、転職をして年収を上げるというのも30代のあなたにはオススメします。

30代というのは、実はまだ若い世代です。

30代にもなれば、先程もお伝えしましたが様々な経験を積み、ある程度の役職に就いている人もいます。

その経験を高く買ってくれる企業というのが、日本全国にはたくさんあるのです。

一気に年収が50万とか、もしくは100万上げることも多くあります。

そんな一気に年収を上げる転職方法もありますので、30代で家族も養いつつ、さらに年収を上げたいあなたは転職にチャレンジしてみて下さい。

40代年収上げるには

40代で年収を上げるには、転職一択です。

副業を40代からスタートするのもできないことはないのですが、中々40代というのは新しいジャンルへの挑戦が難しくなる年代です。

スタートするのに、一歩踏み出すことが難しくなってくる年代が40代。

「今さら副業をスタートするのもねぇ。」

人間、40代にもなると頑固にもなりますし、間違っていても間違いを認められなくなる悲しい年代でもあります。

そんな40代だからこそ、年収を上げるには転職一択です。

それも、役職を上げる転職しかありません。

私自身が年収を上げようと転職活動をしていたときに、登録してある転職サイトからオファーが来ました。

神奈川県のある小さな中小企業でしたが、物流管理マネージャーの幹部候補として年収520万円のオファーが直接社長さんから来ました。

他にも、先程もお伝えしましたが、1部上場企業の商社系物流会社からのオファーでもマネージャー職で年収500万円。

この当時は、30代後半でしたが役職がアップする求人オファーでは、年収がかなり上がります。

40代のあなたが年収を上げたいのでしたら、管理職候補などの求人にチャレンジしてください。

転職サイトからのオファーもきっとあることでしょう。

ただし、転職サイトからのオファーは、ある程度の大手企業系列会社からも嬉しいオファーがくる半面、県外への就任なども普通にあります。

地元で働きたいのでしたら年収を上げるのは正直難しいでしょう。

40代であろうとも、チャレンジした者だけが年収を上げることができるのです。

まとめ

某アニメ漫画では、戦闘力を上げるには戦って傷つき、回復するとグッと戦闘力が上がる設定です。

現実世界では、筋トレをすると筋肉が損傷します。

その損傷が筋肉痛として表れるのですが、タンパク質を摂取することで修復し筋力がアップします。

けれども仕事で給料を上げたいのでしたら、この様にはいきません。

年収という戦闘力や筋力が上がらない会社で働いていれば(昇給制度が無い会社)、年収は絶対に上がりません。

一般社員で働いていても、50代でもらえる年収が300万円しかないのであれば、一般社員50代で年収450万円もらえる会社へ転職しなければ年収は上がりません。

もしくは、出世して役職を上げるしか方法はないわけです。

こつこつ働いていれば、毎年基本給が上がる会社で働けているあなたはいいかもしれません。

しかし、毎年基本給が上がらない会社で働いているあなたは、きっと悔しい思いをしているはずです。

そんな基本給が上がらない会社で働いているあなたの年収の上げ方は、転職と副業の2つしかありません。

副業は、育てるのに時間がかかります。

そこで1番オススメなのは、やはり転職でしょう。

それも、役職アップの転職や給与水準の高い業界への転職です。

私も転職しての年収アップにチャレンジして、年収がアップしました。

あなたも、転職をして年収アップを掴み取りましょう。

人生の時間は、有限ですから。

-仕事, 転職