転職

【転職で人生を変える!】転職というのは人生の転機であり変わる大きなきっかけなのです。

今働いている職場が…仕事がとても嫌だ…

これでは自分の人生が全く楽しくない。こんな状況がこれから何十年も続いていくのだろうか?

もう、自分の人生は終ったも同然だな…

こんな風に思っていませんか?というよりこんな風に思っている人がとても多いのではないでしょうか?

職場が嫌だ?仕事が嫌だ??

何を甘ったれた事を言っているんですか!!

と言いたいところですが、そうですよね。職場や仕事が嫌な人はとても多いです。

私自身も職場や仕事が嫌で嫌で人生を投げ出したくなった時があります。

仕事が嫌で人生を投げ出したくなっている状況というのは、家庭も全て投げ出したくなってしまう精神状態になってしまいます。

そんな状態で職場や仕事を投げ出したくなった、まさに人生を投げ出したくなった時に自分自身を救ってくれた行動が「転職」です。

人生を今よりも良くしたい、やり直したいと思っているのならば、ぜひこの続きを読んでみて下さい。

転職して人生をやり直しませんか?

人生を豊にする、より今までよりも豊にしたいと思っているのでしたら「転職」してみるのも1つの選択、決断になってくるでしょう。

私自身も転職をして大きく人生が変わってきました。

転職をして大きく変わるのは、2つあります。お金と環境です。転職すればもしかしたら今までよりも給料が増えることもあります。転職すれば今までの職場環境よりも仕事がしやすい環境になるかもしれません。

仕事というのは、人生の中でも1番多くの時間を使う場所です。生まれて親に大事に育てられてから6歳になると小学校へ通います。それから中学校、高校、大学と通います。日本に住んでいる方でしたら、ほとんどの方が18歳か22歳で正社員として会社へ勤め始めます。

学生で居る期間は、12年から16年間です。仕事をしる社会人としての期間は、定年が65歳だとすると43年間から47年間も過ごさなくてはいけません。

それだけ人生の中で仕事の期間のウェイトと言うのは大きいのです。

それならばあなた自身を苦しめているのが仕事であるならば、人生がとても辛くなってしまうことではありませんか?仕事自体も1日の時間、24時間の中で8時間から12時間を消費します。3分の1から1日の半分の時間を仕事に費やさなくてはいけません。

それだけの時間をかけて取り組む仕事自体が苦痛で苦痛でどうしようもなかったらどうでしょうか?あなた自身の人生はとても豊にはなりませんよね?

今現在、働いている職場での仕事が苦痛でしか無いのならば、転職して新しい仕事、新しい職場へ行くことも人生をより良くするために必要なことです。

転職とは世界が変わるできごと!

転職をするとまったくと言って良いほど今までの世界が変わります。

「そんなわけないだろ~?」

「転職したって何も変化することなんてないですよ。」

「仮に転職してもっと悲惨になったらどう責任取ってくれるの?」

こんな風に言ってくる人もいるのですが、転職して働く環境を変えるというのは確実にあなたの人生が変化します。

それでは、いくつか転職で変わる事があるのでお伝えしていきます。

1、職場が変わる。

これは当然ですが、働く職場が変わります。働く職場が変わると言うことは、働く環境や一緒に働く人も変わるので今までの会社員として働いてきたことへのリセットにもなりますので、心機一転行動する事ができます。

働く場所の変化にも、市外やまたは県外への職場へ行くことにもなります。私自身、転職をして市外や県外に行って仕事をしましたが、知り合いも誰も居ない土地での仕事というのは、意外と人生を新しくリスタート出来る環境です。

2、仕事内容が変わる。

今までと同じ業種であっても、会社により仕事内容は変わってきます。

扱っている商品や会社でのルールも当然変わってきますので、一から覚えることも多く大変になってくるのですが、その新しく覚えると言う事がまた新鮮で新しい世界を体験することができます。

3、休日日数などが変わる。

本当はいけないのでしょうが、会社によっては労働基準法を無視した労働を社員に押し付けている会社がとても多いです。

私自身、週休一日という会社で働いていたこともあれば、週休二日は休めるけど大型連休が無い会社で働いていたこともありました。

転職してカレンダー通りに休日が取得できる会社へ転職した時は、本当に休んでいいのかと思ったくらいでした。夏休みを五日間。そして年末年始休みを六日間休めるようになった時は嬉しかったです。

転職して福利厚生も含めて世界は変わります。

人生を変えたい社会人の方へ…

今現在勤めている職場や仕事を変えたいなと思っている社会人のあなたへ。

仕事というのは、人生の中でも大半のウェイトを締めています。

1日の時間の3分の1…もしくはそれ以上の時間を仕事に使っているわけです。

私は以前の職場で、毎日平均12時間労働をしていたので、1日の半分の時間を仕事に費やしていたことになります。

人生の中でも多くの時間を使う場所というのが仕事なのです。

1日の半分近くの時間を消費する仕事自体にやりがいを感じることが出来なければ、あなたの人生そのものがとてもむなしくはかないものへとなってしまうのではないかと私は思っています。

「あぁ…今日もまたあの職場へ行かなければいけないのか…。」

この様に毎日朝起きて思うのは嫌ですよね?

毎朝起きて仕事へ行くのが苦痛でたまらないと思っているあなたへ。

ひょっとすると思っているだけではなく、すでに毎朝起きて仕事へ行くのが億劫で朝起きたくないと思っているあなたへ。

そんなあなたのつまらない人生を変えたいと本気で思うのであれば、転職というのは人生を変えたい社会人にとっての処方箋という劇薬になること間違いなしだと思います。

私自身がそうでした。

迷いに迷った挙句、転職をして人生を良い方向へと変えてきました。

人生を、今現在の生き方を変えたいと思って私自身が行動をした中で、仕事を変える、働く場所を変える転職という行動が1番人生を変えてきた選択です。

人生に迷いがあるのなら転職は1つの選択

人が生きていく中で迷いとうものは必ずあります。迷いが無い人生なんてありません。迷いがあるから生きているといってもいいでしょう。

迷いの中でも解決できる迷いもあれば、解決できない迷いもあります。解決できない迷いは、そもそも実際には迷いや悩みになる事はあまりありません。なぜならば、解決できないのですから。

解決できそうで解決が難しい迷いが人生に悩みをもたらしてきます。

その人生の迷いというもののほとんどが人間関係の迷いです。著名な心理学者も言っていますが、悩みや迷いというものの全ては人間関係です。

仕事というのは、職種に関係なく人間関係の悩みが全ての悩みになります。一緒に働いている人間関係や、取引先との人間関係などなど。

そんな人間関係を転職することで解決できるのならばよし。その転職によって休日日数が増えればよし。さらに転職で給料が増える、昇給が増えるのならばよし。休日、給料、昇給のどれか1つでも前職より良くなればよしです。

転職と言うのは、行動をすることです。行動とは、動こうと言う事。動く人だけが新しい何かを掴む事ができます。

転職で人生を変えるということも動くということです。人生を変えたいと思っているのでしたら、動かなければいけません。

転職を人生を変える動きの1つとして行動してみてはどうでしょうか?

-転職