仕事 転職

【40代転職なんとかなる!】さすがに厳しい?現実はどうなのか成功の3つの秘訣をお伝えします。

例えば、あなたも悶々としたストレスや悩みを日々感じながら生活していませんか?

「今の仕事辞めたいんだよな。転職するにしても44歳の自分を雇ってくれる会社なんてないよな。」

実は、あなただけではなく多くの40代の人が転職したいと考えているのです。

40代といえば、結婚して家族を養っている人が大多数です。

子供のためにも、ある程度の稼ぎは必要なのに低収入だと転職を考えてしまいます。

また、中間管理職になって稼げてはいても、かなりのストレスにさらされてしまい転職を考える人も大勢います。

40代って意外と難しい年代なんですね。

ただ、転職35歳限界説というものがあるのも事実です。

「40代の私は、もう転職は無理なのかな。」

などとあきらめてしまう前に、これから先にお伝えすることを読んでみることをオススメします。

40代は前半でも後半でも転職は厳しい

40代という年齢での転職は、簡単に転職できると思ったら大間違い!

これは残念なことなのですが、企業側としても40代の中途採用者よりも20代や30代を選びます。

今まで4回転職してきた私も、40代で転職をしたことはありません。

30代の頃は、転職サイトから物凄くオファーを頂きました。

大手転職サイトのdodaからもたくさんのプレミアムオファーを頂いていました。

それが40代になってみると、プレミアムオファーがくることはガクッと減りました。

これが40代に対する企業側の答えなのでしょうね。

40代は前半でも後半の年齢でも、転職するのは容易ではないです。

ましてや未経験の職種へ応募するのは止めた方がいいでしょう。

40代という年齢は、転職にとても不利になるのです。

特に、未経験の職種へチャレンジしたいと思っているのでしたら、20代や30代前半に転職活動をした方がいいです。

40代という年齢は、転職のハードルが高くなってしまいますから。

40代転職の現実とは

「就職氷河期世代の非正規雇用から抜け出したいけど、46歳だとどこも採用してくれないよな。」

「安月給の今の会社からステップアップしたいけど、40歳に突入する前に転職しておけば良かった…」

「43歳にもなったし、もうこれ以上は望めないな。」

この様な感じで、40代での転職活動をしていたり、もしくは転職活動を始めてみると厳しい現実に衝撃を受けることでしょう。

さすがに、40代での転職活動は厳しい現実が待っています。

正直にいいましょう。

私自身も41歳のときに、今務めているホワイト企業から再びステップアップを図ろうと転職活動をしました。

さらに、同時期に転職してきた同僚が馬鹿すぎて一緒に働くのが嫌になり(その同僚は人事異動で飛ばされた)、再び転職活動。

41歳のときに、2社と面接をしました。

ステップアップを図ろうと思い応募した会社は、上場企業でした。

さすがに上場企業でしたので、自分の希望している部署ではレベルが高すぎて不採用になりました。

他の部署でしたら可能性はあるといわれたのですが、勤務体系が合わなくお断りしました。

同僚が嫌になり転職活動をし面接を受けた会社では、体験入社してみないかといわれて好感触でした。

しかし、給与体系や福利厚生が勤めている会社よりも悪かったので辞退しました。

40代転職活動というのは、書類選考で不採用になることも多いのが現実です。

しかし、面接へたどり着けることも多々あるのも現実です。

ただし面接へたどり着けることもあれど、厳しい現実が待っている場合が多いのも40代の特徴です。

40代転職はみじめなのか?

40代で転職をしようかどうしようか悩んでいて、家族や友人に相談をすると…

「今の会社で続けなよ。その年齢だとどこも雇ってくれないよ。」

「今から転職って危険じゃない?」

さらには…

「失敗したら40代、みじめな人生が待っているよ。」

この様な反対意見が続々と出てくるわ出てくるわ。

あなたの奥さんや家族ならば、将来を心配していってくれていることでしょう。

しかし、友人達というのは、あなたに変わってほしくないからアドバイスしているだけというのがほとんどです。

40代で転職をしたらみじめになる、という恐怖感を与える人が多いのです。

けれども、実際に40代で転職を失敗してしまうとみじめになることもあります。

私も転職に失敗してみじめを経験したことがあります。

私は38歳のときに約5年間務めた某大手小売業の物流センターを退職しました。

理由は、5年目に配属になった課長が上昇志向が無く、さらには毎日気が気ではない仕事でストレスが溜まり、私自身のやる気が一気に無くなってしまったからです。

退職をしてから5ヶ月間、失業保険と貯金でやりくりしながら転職活動をし、新しく転職した会社で配属された部署というのはその会社での内勤業務の部署でした。

その新しい会社での内勤業務の部署というのは、できない営業マンが異動してきてくる様な部署で、パートと同じ仕事を正社員が一緒にやるという部署でした。

当初の話と違い年収も下がってしまい、残業代も支給されないので毎日仕事へ行くのが嫌になりモチベーションも低下。

結局、1年1ヵ月で再び転職してしまいました。

今では、今までで1番高い年収で働かさせていただいていますが、40代や40代近くの転職というのはみじめな恵まれない部署の求人を出している会社に引っかかってしまう確率も高いのです。

40代転職して後悔

40代で転職をしてしまい、後悔してしまうことも実際には多々あります。

先程お伝えしましたが、私は約5年間を某大手小売業の物流センターで現場主任として働いていました。

全体で100名近くいるパートさん達を指揮するのはとても大変でしたし、現場の生産性を上げていくのも大変。

仕入れる商品の在庫管理や発注業務もシビアで、とてもストレスの溜まる職場でした。

けれども、やりがいはありました。

そして、その後に転職した会社でのパートと同じ仕事を一緒にやるという現実が受け入れられず、1年1ヵ月で再び転職してしまいました。

正直、後悔しました。

5年目の上司がやる気が無くいい加減な課長だったということを除けば、仕事自体は日本のライフラインを支えているというやりがいがあったのです。

そのため、やりがいの無い職場での勤務ということにとてもショックを受け後悔しました。

もしあなたが40代で本気で転職を考えているのでしたら、後悔はしないかということを真剣に考えた方がいいでしょう。

多くの場合、転職はできたけれども後悔をしてしまう、前の会社の方が良かったと思ってしまうことが多いのです。

40代転職が地獄になることもある

「44歳です。転職に失敗してしまい、地獄に迷い込んでしまいました。」

「41歳、底なし沼に入っている途中です。」

「47歳にもなって再びブラック企業に転職してしまうとは…」

20代や30代という若いうちでしたら、転職で失敗しようが挽回するのは難しくありません。

何故ならば、若いというのはそれだけで採用する企業側にとてもメリットがありますから。

それが40代になってしまうと、転職で失敗したとしてもそこから挽回するのは容易ではなくなってしまいます。

最悪のパターンですと、正社員としての職に就けずに非正規雇用の職で働かなければいけなくなってしまう可能性も高いのです。

せっかく今まで正社員として働いてきているにもかかわらず、40代での転職で失敗をしてしまい非正規雇用。

さらに家族までいたら地獄以外の何物でもありません。

「転職活動していてもお金はかかってしまう。次が決まるまでバイトでもしながら仕事を探すか。」

これが、地獄へのスタートになるパターンです。

バイト生活が忙しくなってしまい、転職活動をする体力が奪われていってしまうのです。

明日でいいかなどと思ってしまうと、そのままズルズルと時間だけが過ぎていってしまい、気が付けば3年経過していたなんてこともざらです。

40代で退職してからパートやアルバイトの非正規雇用で3年間も働いた人間を正社員で採用してくれる企業は、ガクッと減ってしまうのが現実です。

40代の転職というのは、とても真剣に行わなくてはいけません。

そして、シビアに転職先を吟味し、しっかりと新しい転職先に内定をもらってから退職をしましょう。

そうしなければ、地獄の生活になる可能性が高いですよ。

40代でも転職してよかった事例もある

「それならば、ブラック企業で働いていても40代で転職するのは危険だよね。」

それは、正解でもあり不正解でもあります。

40代で転職して成功している人も大勢います。

私の勤めている会社でも、役員として60歳の人が採用されたり、総務課長として54歳の方が採用されている事例もあります。

「それは、その人たちが特別だったんじゃないの?」

はい。特別でした。

前職は、子会社の社長をされていたり、執行役員をされていた方々でした。

「やっぱり!そうじゃなければ50代や60代で採用されないよ。40代だって難しいのに…」

難しいのは事実です。

しかし、誰にだって実は特別なものがあるのです。

そんなあなた自身の特別な何かをしっかりとアピールできれば、40代でも転職で成功できますしなんとかなるものです。

40代転職で成功するための3つの秘訣をお伝えします。

1,今までの経験してきた職種を活かす

40代での転職で1番失敗するパターンが、未経験の業種への転職をしようとすることです。

今までやってきたこと、働いたことがない業界への転職というのは厳しいです。

採用する側も、40代の中途採用者に期待することは、今まで培ってきた経験です。

私自身、働いてみる業種を変えてみようとチャレンジし、書類選考は通れども面接した後は不採用が続いてしまった経験があります。

しかし、職種というのは、あなたを裏切りません。

営業マンとして働いてきたあなたの営業スキルは、例えば自動車業界の営業から食品メーカーの営業になっても営業の仕事やスキルは変わりません。

私自身も、物流マネージャーとしての今までのスキルが活かされ、卸業からメーカーへ業種が変わった転職をしても職種内容は大きくは変わらないのです。

今までの職種スキルを活用できる企業への応募が、40代での転職成功パターンの1番の秘訣といってもいいでしょう。

2,同業他社や取引先に声をかけてみる

同業他社だったり、現在の取引先企業への声掛けも40代転職にはオススメです。

意外と経験のある人材を欲しがっている企業というのはたくさんあります。

それが同業他社であれば、入社してすぐに活躍できると思いませんか?

もしくは、取引先企業でしたら、いつも交流しているのでお互いのことを分かっているので話が進みやすいでしょう。

私の父も、50代で取引先企業からお声がけを頂いて簡単に転職しました。

以前働いていた会社の上司も、退職する前に取引先企業へ自分を雇ってくれないかと提案したら、すんなりと採用されて働き始めました。

一見、今働いている会社を裏切るような行為と思われてしまいそうですが、そんなことはありません。

私の会社にも、取引先の方が転職してきて驚いたことがあります。

あなたが40代で転職を考えているのでしたら、今から取引先や同業他社の知り合いに根回しをしておくといいでしょう。

3,働く地域にこだわらない

この、働く地域にこだわらないという方法が、実は40代転職がなんとかなる最大の裏技ともいっていいかもしれません。

私自身も現在は地元から100キロ以上離れた場所で仕事をしています。

単身赴任生活をしていて、1ヵ月に1回帰省するようにしています。

前職での仕事がパートと同じ仕事を一緒にしなければいけなく、さらには年収が下がってしまっていたので転職先を探していたところ、結構たくさんの企業からスカウトがきました。

それも、県外や同じ県内からの他の地域からのスカウトが多かったです。

現在は、人材不足です。

企業がこの人の経験を弊社で活かしてもらいたいと思えば、日本全国からスカウトがきます。

某大手商社系物流企業のマネージャー職として静岡県某所のセンターの内定をもらいました。

神奈川県相模原市にある自動車部品卸業の社長さんから直接スカウトのメールを頂きました。

現在の会社に勤めているときでも、福井県の水産会社から家族と一緒に移住してうちに働きにきませんかとお話を受けました。

実は、働く地域にこだわらなければ、40代のあなたを必要としてくれる会社はたくさんあるのです。

先程お伝えした私が勤めている会社に中途入社してきた60歳と54歳の方ですが、千葉県からと静岡県からの移住転職です。

どうしても地元から離れたくないと考えているのでしたら、それはしょうがないです。

しかし、あなたが住んでいる同じ県内でしたら、迷わず飛び込んでみても良いのではないかと思います。

少し離れた場所に目を向けただけで、40代のあなたを必要としてくれる会社がそこにはありますから。

まとめ

40代での転職は、地獄でもあり天国でもあります。

しかし、地獄になるパターンが多いのです。

もしあなたが40代で今の会社に少し不満があるのでしたら転職することは止めて下さい。

後悔する確率の方が高いです。

しかし、あなたが40代で今働いている会社での待遇、ボーナスは年間1ヵ月分支給、昇給は固定で1000円のみ、残業代はみなし残業代以上は出ずに年間休日も90日いかないことが多いのでしたら、家族とも相談して転職準備を始めた方がいいでしょう。

40代、定年までの60歳まで20年を切っている年代です。

60歳の定年になったときに、「まあ、贅沢は出来なかったけど良かった会社員生活だったな。」と思えるような人生を送りたいですよね。

結論。

40代の転職は、視点を変えればなんとかなる!

-仕事, 転職