転職

【ハローワークの求人はブラックだらけの求人か?】ハロワでホワイト企業へ転職できるのかどうなのか。

今の会社がブラック企業だから転職をしようと考えていませんか?

また、会社が倒産やリストラの対象になってしまい失業をして仕事をさがしていませんか?

良くある転職のパターンです。

そんなときにまず手始めに職探しのために通う場所がハローワークだと思います。

失業した場合などは、ハローワークへ行って失業保険の手続きもしなければいけません。

ただ、ちょっと待ってください!

ハローワークに掲載されている求人って、あまり良い求人がないように思いませんか?

地元でも有名なブラック企業の求人ばかりが目に付くばかり…そんな印象を持っている方は多いと思います。

転職活動などでは現在、インターネットを活用した転職サイトで転職先を探すのが一般的になってきています。

「今時ハローワーク?転職サイトの方が優良求人が多いから転職サイト一択でしょう!」

悲しいかなハローワーク…

ハローワークを活用しての転職活動も優良な求人にめぐり合えることはできるのでしょうか?

それでは、ハローワークは本当にブラック企業の求人しかないのか、そのことについて書いてみました。

ハローワークを活用して転職を考えているあなたはぜひ読んでみて下さい。

ハローワークはブラックだらけブラックしかない

失業をしてしまったのでハローワークへいき、求人検索をしていると…

「お、この求人良い感じだな。」

と思い求人票をプリントアウトしていざ紹介してもらおうとハローワークの相談員の窓口で開口一番いわれた言葉…

「あぁ~この企業はやめた方がいいですね。高待遇で求人出しているわりには前々採用ないし。採用する気もあるのかわかりませんし。」

その昔、私がハローワークで仕事を探していたときに相談員の方からいわれた言葉です。

この私が相談員の方からいわれたことと、同じような経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか?

転職サイトと違い、ハローワークというのは無料で求人情報を掲載することができます。

転職サイトですと、企業側と求職者側がマッチングしたときに報酬を転職サイトの運営会社へ支払わなければいけません。

ところがハローワークの場合は、求人の掲載もマッチング後の企業は支払う報酬もありません。

無料で求人を掲載でき人材を確保できることから、求人広告にお金をかけられない企業がメインで使っている事実が実は多いです。

「え、月給14万円!?」

「年間休日が、76日だと!」

「いつも求人出しているな、ここ。」

その様なブラック企業といわれている会社ばかりの求人がとても目立っているように思います。

実際に求人を紹介してもらい、たまたま紹介先の企業の担当者がいなかったということで、担当者から面接日時の電話をもらうことになっていたのですが、電話がまったくこなかったこともあります。

また、別の企業を紹介してもらったときも担当者がいないという同じ状況になり、後日電話を頂いたのですが、電話での会話が社会人にあるまじき言葉使いだったりして驚いたことがありました。

良い企業の求人、いわゆるホワイト企業の求人がハローワークでは少ないように感じるのが実際のところです。

その他にも友人の働いている会社がハローワーク経由で求人を出していたのですが、すぐに求人の掲載が終ってしまったので誰か採用が決まったのか友人に確認したところ…

友人「応募者が20人近くきて、対応できなくなったから募集そのものをやめてしまったよ。」

というようないい加減な企業も多くあります。

転職サイトなどは、企業がかなりの求人広告費を支払って採用活動に力を入れていることから、優良企業の求人比率が高いように感じます。

ハローワークと転職サイト、どちらをメインに採用活動をするかという企業の力の入れ具合で差が出てしまうのも実際はあるのでしょう。

ハローワークで募集している企業の求人は、あまりいい印象が無いのが実情です。

ハローワークでもホワイト企業へ転職できる場合もある

「だとしたらハローワークで求人を探すのは止めた方がいいのかな?」

そう思ってしまうのも無理はありません。

しかし、ハローワークでもホワイト企業の求人がある場合があります。

「本当に~?」

実は私、1度だけですがハローワーク経由で良い条件の会社へ転職したことがあります。

本当にごく稀に、ホワイト企業の求人が掲載されているときがあるんですね。

特に地元で人材を探そうとしている企業などは、今でもハローワークをメインに中途採用者を募集している企業も実際はかなりあります。

私自身、大手小売業の専門ベンダーへ転職したときもハローワーク経由の求人でした。

新しい事業所の新規立ち上げのための求人で、5人採用のところ30人ほど応募があったそうです。

その後に転職した会社も、たまたまハローワークの求人情報をインターネットで見ていて見つけました。

応募した会社は、年商300億円ほどある医療関係の会社でした。

どちらの企業も福利厚生はしっかりとしていましたし、昇給もボーナスもある会社でした。

もしあなたが転職活動をしているのでしたら、ブラック企業の求人が多い傾向にあるハローワークの求人にも少しは目を通してみてもいいかもしれません。

特に、地元で働きたい転職したいと思っているのでしたら、意外とハローワークはオススメです。

ハローワークでの転職の流れ

ハローワークでの転職の流れは、とても簡単です。

ハローワークへ行き、専用のパソコン端末で求人を検索します。

応募したい企業の求人を5枚までプリントできますので、応募先を見つけたらプリントアウトし受付で紹介の手続きをしてもらいます。

受付番号をもらってから、自分の受付番号が呼ばれるまで待っています。

相談員窓口へ呼ばれたら、求職票と求人内容をプリントした紙を渡して紹介してもらいます。

相談員の方が企業の担当者へ電話をしてくれ、面接の日取りなどを決めたり、まずは書類選考があるので書類を送る先を教えてもらったりします。

後は、実際に企業と面接をし合否の結果を待ちます。

これがハローワークでの転職活動の流れになります。

ハローワークは在職中の転職活動にオススメしない

ただし、ハローワークでは在職中の転職活動はオススメしません。

在職中の転職活動ができないわけではないのですが、ハローワークというのは失業している人や非正規雇用の人がメインとなり仕事を探す場所です。

実際に、正社員として仕事をしていてハローワークへ行くと…

「正規雇用としてお仕事されていますよね?」

と言われてしまいます。

ハローワークを活用して転職活動をしようと思うのでしたら、現在のあなたが失業をしている、またはパートやアルバイト、契約社員など非正規雇用で働いていて正規の安定した仕事に就きたいという状況でないかぎりはオススメしません。

正社員として転職をしたいと思っているのでしたら、転職サイトを活用したほうがいいでしょう。

ハローワーク経由で転職が決まるとお祝い金がもらえる

会社都合でも自己都合でも、失業をするとハローワークへ行って求職者手続きをします。

その手続きをすることで、3ヶ月から6ヶ月の失業手当が支給されるようになります。

次の仕事がまだ決まっていない場合は、とてもありがたい制度です。

また、ハローワーク経由だろうと転職サイト経由だろうと、ハローワークで求職者手続きをしていると、仕事が決まった時に再就職手当というお祝い金のようなものが支給されます。

これまたありがたい制度ですよね。

ハローワークに掲載されている求人情報は、ブラック企業などかなり多いですが、この様な失業者や転職のために仕事を退職してしまった人への手当など、国が行う求職者への手当などを受けるにはハローワークへ行かなければなりません。

求人を探すという以外の目的、失業中の生活の負担を軽くするという意味でもハローワークへ行って手続きすることをオススメします。

ただ、退職前に次の転職先の企業が決まっている場合は、これらの手当はもらえませんのであしからず。

ハローワークでのホワイト企業の見分け方や、いい求人の見つけ方

それでは、ハローワークに掲載されているたくさんのブラック企業の求人に埋もれてしまっている、ホワイト企業の求人の見分け方、いい求人の見つけ方があれば知りたくないでしょうか?

ハローワークでの主なホワイト企業の見分け方は…

「あまり求人を出さない企業」

「新規立ち上げのための求人」

この2つになります。

あまり求人を出さない企業というのは、働いている人の定着率が高いと言うことになります。

それだけ働いている人達にとって、居心地がいい企業と言うのは、ホワイト企業だといえるでしょう。

また、新規の立ち上げのための求人もホワイト企業の可能性が高いです。

営業所を新しく立ち上げるとか、物流センターを新しく立ち上げるなど、新規の案件というのはあまりありません。

私もハローワークで転職した時も、新しい新規の立ち上げ求人でした。

これらの求人は、ホワイト企業の確率が高いのでオススメですが、応募者もかなりいます。

そのためすぐに求人が決まってしまう可能性もあるので、見つけ次第すぐにでも応募しましょう。

まとめ

ハローワークはブラック企業の求人が多いのか?それとも優良企業もあるのか?

ということについてお伝えしてきました。

結論をいいますと、悲しいことに現在ではブラック企業的な求人の方が多いのが実情ではないでしょうか?

ハローワークは、失業保険などの手続きのために活用するというのが現在では一般的。

転職者にとっても必要な機関であることは変わりありません。

それでもハローワーク一択での転職はしない方がいいでしょう。

私自身もハローワークで新規立ち上げの求人を運よく探し出し、さらに運よく採用されたこともあります。

ハローワークの求人にも可能性は少しあります。

あなたが転職中なのでしたら、ハローワークと転職サイトの両輪で転職活動していきましょう。

-転職