【PR】当記事には一部アフィリエイト広告が含まれていることがあります

転職

【マジ迷惑】中途採用の使えないおじさんおばさんの対応方法とは?

40歳半ばを過ぎると男性はおじさんと呼ばれ、女性はおばさんと呼ばれてしまう年齢になってしまうわけですが…

そんな、おじさんおばさんがあなたが勤めている会社へ転職してくると苦労してしまいませんか?

どの様な苦労かというとそれはただ1つ。

おじさんおばさんの中途採用が使えない、仕事ができないという苦労です。

「何であんな50歳近い人を雇うんだよ。もっと若い人ならいいのにさ!」

「うちの会社のおかしいのは扱いづらいおじさんやおばさんを採用することです。」

「もう勘弁して…言うこと聞かないんだもん。おじさんやおばさんって。」

プライドなのか自身なのか分かりませんが、40代以上のおじさんやおばさんの中途採用者ってめんどくさい人が多いです。

めんどくさいということは、いわゆる使えない社員ということです。

そんな使えないおじさんやおばさんの中途採用者への対応方法をここではお伝えしていきます。

おじさんおばさんの使えない中途採用者に頭を悩まされているあなたは、ここから先の記事をぜひとも読んでみて下さい。

中途採用のおじさんが使えない

中途採用のおじさんあるあるの出来事があります。

職場で全く活躍できない、仕事ができないという悲しい事実です。

「偉そうなこというわりには仕事ができないじゃん!」

「昔話ばかりで今の時代についていけていませんよあの人。」

「仕事をやらない言い訳ばかりで腹が立つんですけど?」

あなたの職場にもいませんか?

この様な中途採用のおじさんが。

40代や50代で中途採用として入社してきた人の多くに見られてしまう悲しい傾向です。

無駄に年齢を重ねてきてしまったプライドとでもいいましょうか…

とにかく言い訳しましません。

仕事ができないのを会社のせいや上司のせい。

または、周りのサポートが足りないせいだと文句ばかり行ってきます。

私も経験があるので本当に良く分かります。

  • 教え方が悪いから覚えられない
  • 周りの協力がないからできない
  • 手当てを貰ってないからやりたくない

実際に多くの職場で中途採用のおじさんが発している言葉です。

ただ年齢を重ねているだけというプライドの塊のおじさんが使えないのは、日本全国の多くの企業で悩みの種になっているのです。

中途採用のおばさんが使えない

中途採用のおばさんあるあるの出来事があります。

職場で全く活躍できないですし、仕事ができず女性同士のいざこざもあるという悲しい事実です。

「他の女性の悪口しか言わないんですけどあの人!」

「すぐに私には無理ですっていうのなら働かないでほしいです。」

「急用で早退したわりには友人とお茶ですか?

この様なおばさん、あなたの職場にもいませんか?

最低最悪なおばさんを何で中途採用で入社させるかなと本気で会社を疑ってしまいます。

おじさんはとにかくプライドが高い。

反対におばさんは、他の女性よりも自分が1番でありたいと思う。

ろくに仕事もできないのにです。

人のあらを探してばかりだったり、気に入らないことはすぐに上司の報告して自分のいいようの環境を整える。

ろくに仕事もできないし全くといっていいほど活躍をしていないにも関わらずです。

  • 自分が注目されていないと気分が悪くなる
  • 仕事に文句はいうが言われたことはやらない
  • 弱い者いじめが物凄く好き(仕事ができないのに)

おばさんという年代になればなるほど、自己中心的になっていくのが仕事のできない女性の特徴でもあります。

わがまま三昧で本当に他の部署の人達が迷惑してしまうのが、仕事のできない中途採用のおばさんの困った勤務態度なのです。

50代の中途採用は使えない人が多いのか

おじさんおばさんの中途採用トップの年代といえば50代でしょう。

50代の中途採用社員は使えない人が多いのでしょうか?

例えば、50代を採用しても育成・教育をしていけば仕事ができるようになる。

いわゆる使えるようになると考える職場も多くあります。

しかし、多くの場合でこれは間違いであることがとても多いのです。

50代のおじさんやおばさんを正社員として中途採用したとしましょう。

一応、様々な経験をしてきてはいても新人なのですから会社のルールに則った研修プログラムを受けることだと思います。

研修プログラムが終了し、配属先へ実際に行ってからが本性を現し始めます。

使えるのか使えないのか。

使えない50代のおじさんやおばさんは、研修の最中から文句ばかり言い始めます。

「教え方が悪いから覚えられないです。」

「こんなことを研修としてやっているなんてありえません!」

「前の会社ではもっとこうしてああしてさ…」

50代の中途採用者は、プライドが高い人が多いです。

周りから見ても無駄なプライドを背負っている人が多いです。

30代の先輩社員から素直に仕事を教わろうとする50代社員っていると思いますか?

いるにはいるでしょうが、とても少ないのが事実なのではないかと思います。

使いずらいから使えない。

これが50代中途採用社員が使えないといわれてしまう事実なのではないでしょうか。

おじさんおばさんの中途採用について

おじさんやおばさんの中途採用は特に気を付けなければいけません。

気を付けなければいけない大きな理由が2つあります。

本当にこの2つだけは気を付けなければいけません。

それでは見ていきましょう。

1,プライドが高い

人間というものは40代を超えてくるとプライドが高くなってきます。

少しだけ若い人たちに対して高いおじさんやおばさんもいれば、とにかくプライドが異様に高いおじさんやおばさんもいます。

むしろ異様にプライドが高いおじさんやおばさんの方が多いのではないでしょうか?

「こんな仕事私にできるわけないじゃないですか~。」

「私だけの責任じゃないですよ?」

「もっと分かりやすい説明をしなくては私が仕事出来るようになりませんよ。」

きっとあなたも経験があるのではないでしょうか?

悲しいことに仕事ができないおじさんやおばさんほどプライドの塊なんです。

無駄にプライドが高い40代以上よりも、若い人を採用したくなるのも無理はありません。

2,物覚えが悪い

「昨日教えましたよね?すぐ忘れないでくださいいつも。」

「何で同じミスばかりするんだよあのおやじ!」

「毎回毎回同じこと聞いてくるんですけど、あのおばさん。」

40代を超えて50代にもなってくると物覚えも悪くなってくるのが人間というものです。

仕事を教えても教えても覚えない。

先程のプライドの高い人おじさんやおばさんのお話しをしましたが、プライドの高い人ほど物覚えが悪いです。

これ不思議とセットになっているんですね。

プライドが高い = 素直になれない

素直になれない = 物覚えが悪くなってしまう(仕事が覚えられない)

あなたの会社で中途採用したおじさんやおばさんにも1人や2人はこの様な社員がきっといると思います。

周りが疲れ切ってしまいます。

困った中途採用のおじさんおばさん番外編

他にも番外編とでもいうべき困った中途採用のおじさんおばさんの特徴があります。

ミスをしても報告をしない人がかなりの割合でいます。

「いつの製品破損なんですか?何でそのときにいわなかったんですか!」

「この倉庫の物損事故って誰がやったの?え!あの人か~。」

「何で報告してくれないんですか?協力会社の信頼失ってしまいましたよ。」

ミスをしても黙っている。

生産した商品を壊しても黙っている。

これも先程と繋がってくるのですが、プライドの高さから報告ができないでいる場合があります。

物覚えが悪いために報告することすら覚えられない場合もあります。

この2つ以外の理由では、ただただ無能社員というだけという理由が強いです。

無能の中途採用社員でおじさんやおばさんって…

本当に困ってしまいます。

おじさんおばさんの中途採用に求められるもの

準備中

おじさんおばさんの中途採用における問題点

準備中

おじさんおばさんの中途採用成功の秘訣

準備中

まとめ

準備中

-転職

内容の無断転載を禁止します。発見した場合は運用サーバーへの連絡、GoogleへDMCA侵害申し立て、損害賠償の請求を行います。