人生 転職

【終了しました。あなたの人生…】40代アルバイトの男性は、結婚もできず独身まっしぐらの辛く寂しい人生。

40代になっている男性のあなた…

もしあなたがアルバイトで生計を立てているのでしたら、それは人生終了しましたと宣告されているようなものです。

「なんてひどいことをいうんだ!!」

「アルバイトだって税金払っているんだぞ!」

「人の人生、とやかくいわれたくはない。」

その気持ち、実は私もよく分かります。

本当に分かるの?

などと疑われてしまいそうですが、私自身も長くアルバイトなどの非正規雇用で働いていましたから。

ですので、40代という一番働き盛りの年代でアルバイトをしている男性が人生あきらめモードになってしまうのも分かります。

しかし、あきらめてしまっていいのですか?

「あきらめたらそこで試合終了だよ。By安西先生」

40代アルバイト男性の人生がどの様になってしまうのか、そして人生終了させないための解決法も書いてみましたので非正規雇用の40代の方はぜひとも読んでみて下さい。

40代アルバイト男性の人生

40代アルバイト男性の普段の生活って実はとても楽です。

「いやいや。職場でこき使われますよ。大変ですよ。」

アルバイトは基本、正社員に使われるのが仕事です。

おもいっきしワーカーとして働くのがアルバイトという働き方です。

人間、誰しもアルバイトで働いたことがあるから分かると思います。

じゃあなぜ40代アルバイト男性の生活って楽なのでしょうか?

それは、全くといっていいほど責任感も無いので1日8時間バリバリ働いていても精神的には楽だからです。

取引先と今日は14時から打ち合わせ

アルバイトの翌月のシフトを作成しなくてはいけない

会社でトラブルが発生し夜中の22時まで残業

アルバイトにはないでしょ?

正社員に作業が終わらないからと残業をお願いされても、気分が乗らないから帰る疲れたから帰るといって帰れますよね?

正社員には、それはありません。

責任がありますから。

私も正社員として現在は働いていますが、自分のジャッジ次第で会社に大損害を与えてしまうことだって普通にあります。

それと比べてしまうと責任のないアルバイトという働き方は、とても楽で気ままに働けます。

特に40代男性でアルバイトともなってしまうと、あなた自身がそう思っていなくても自分の人生は終了していると心が勝手に思ってしまうことがほとんどです。

「40代でアルバイトの俺の人生なんて終わってるさー。ダメ人間だよー。」

これ実際に私の先輩の言葉なのですが、あなたもこう思っていませんか?

40代アルバイト男性の人生は、そのままズルズルと行ってしまう確率が高いのです。

40代アルバイト男性では結婚は無理なので独身

40代アルバイトをしている男性で、本気で結婚をしようと考えている人いるでしょうか?

日本全国探せばいるのかもしれませんが、アルバイトの収入で女性の両親が結婚を許してくれるでしょうか?

「アルバイト差別だー!」

そうやっていうのは待ってくださいね。

私29歳で出来ちゃった結婚したとき、実は契約社員だったんですよ。

恥ずかしながら非正規雇用だったんです。

もうね、相手の両親にぼろくそいわれましたよ。

申し訳ない気持ちとふがいない気持ちと怒りと…色々な感情が入り混じっていっそのこと消えてしまおうかと当時は思いました。

それから何とか正社員の仕事に転職することができて、今は家族を慎ましながらも養っています。

これ私が逆に娘がいて、40代アルバイト男性と結婚したいといってきたら反対します。

生活が安定しませんから。

仮にあなたに娘がいて、同じことをいわれたらどうでしょうか?

「好きな者同士結婚オーケー!」

って祝福できますか?

現実問題、その様にはいきません。

あなたにどんなに心から好きになってしまった女性がいたとしても、40代アルバイトで結婚することはできません。

一生独身として生きていかなくてはいけない…これが40代アルバイト男性の現実なんです。

正社員になりたくない40代

就職氷河期世代の方々というのは、ちょうど40代が多く非正規雇用で働いている人が多いです。

私も就職氷河期世代です。

今現在でも、私の周りにいる数人の40代男性はアルバイトで生活している人もいます。

そういう彼らに正社員として仕事を探さないのかと聞いてみると、帰ってくる返事がいくつかあります。

「別にもう結婚するつもりもないし実家で暮らせば生きていけるからいいや。」

「もうあきらめてる。好きなパチンコさえできればいいっす。」

「一応、やりたいこと目指しているから。資格とって独立したいんだよね。」

40代アルバイトから抜け出したく頑張っている方には申し訳ないのですが、実はこれが40代アルバイト男性の現実だったりします。

一見、やりたいことのために頑張っている40代アルバイトは努力家だなんて思ってしまうかもしれませんが、それは幻想です。

自分自身をその様にして、正当化しているだけなんです。

30歳の頃から勉強を開始している資格に40代になっても受からないのですから、適性が無いに決まっています。

「天職を追い求めるのはやめよう」

Think clearly(シンク・クリアリー)という本に書いてある言葉です。

実は、多くの40代アルバイト男性はあきらめきれないことがあったり、自分がやりたいことでなければ働きたくないと思っていたりします。

そして多くの40代男性のご両親が戸建てを持っていることが多く、生活に困らないことから正社員になどならずに楽してこのまま生きていきたいと思っていたりします。

自らその状態を維持している40代アルバイト男性がとても多いのが現実なのです。

少し見方をチェンジすれば、40代でアルバイトをしている生活から抜け出せることもできるのですが…

悲しいことに正社員になることを自ら放棄している40代アルバイト男性がとても多いのです。

Think clearly 最新の学術研究から導いた、よりよい人生を送るための思考法

40代仕事がない

40代って仕事がないイメージがあります。

「40代アルバイト男性…アルバイトから正社員として転職したいと思ってもどうせ仕事なんてないでしょ?」

あなた自身もそう思っているでしょうし、周りの人達も同じくそう思っている人が大半だと思います。

例えばあなたがある企業の面接官だとしましょう。

製造ラインの正社員としての求人に応募してきた人が46歳アルバイト男性。

製造ラインの経験は全くなく、今までの職歴はコンビニとスーパーのアルバイトのみ。

「経験はないですがやる気はあります!」

「若い人よりは仕事を覚えるのは遅いと思いますが、何とか頑張ります!」

「体力に自信?46歳ですからちょっと…」

こんな感じの46歳アルバイト男性が面接に来られても、あなたが面接官だったら落としますよね?

私だってきっと不採用と後日伝えることでしょう。

だとしたらやはり、40代男性は仕事がないという結論に達してしまうということなのでしょうか?

ここで、もう1つの事例を見てみましょう。

先程と同じく製造ラインの求人に応募してきた別の46歳男性アルバイトの方。

職歴は、工場などで派遣社員としてずっと働いてきており、製造ラインの経験もある。

「御社で使用されている製造ラインの機械は以前の職場でも操作したことがあります。」

「話を聞かせていただく限り、経験がありますので大丈夫そうです。」

「ずっと工場で力仕事をしてきたので、46歳ですが身体は慣れています。」

どうでしょうか?

年齢に関係なく会社から即戦力を採用しなさいといわれているのでしたら、こちらの経験ある46歳男性アルバイトの方でしたら採用してもよさそうですよね?

40代だから仕事がないのではないのです。

40代だからこそ、あなたができることだけをしなさいということなんです。

経験のない職種だろうと数打てば当たると思って40代の人が転職活動をしてはいけません。

これは、40代で正社員として働いていたとしても同じです。

40代、チャレンジできる年代ではありません。

20代や30代に比べて仕事が減ってくるのは正直当たり前です。

仕事がないという選択をしているのは、世間ではありません。

他でもないあなた自身かもしれませんよ。

40代無職でもなんとかなる?

正社員でもアルバイトでもいいですが、40代で無職になってしまったらなんとかなるのでしょうか?

結論からいえば、なんとかなります。

日本には、生活保護というありがたい制度があるではないですか。

生活保護をもらえることができれば、40代でも人生なんとかなります。

ただし、生活保護を申請してお金をもらえるようになるには、かなり厳しい審査が必要になってきます。

車や家を持っていないのは当たり前です。

だから意外と生活保護って申請が通るの厳しいんですよね。

まず、あなたが40代で仮に無職になってしまった…もしくは今現在40代で無職でしたら、アルバイトでも正社員でも良いので求人に応募しましょう。

工場や物流センターなどのアルバイトでしたら、結構すぐに採用されます。

アルバイトでも採用されてしまえば、取り敢えずは毎月13万から15万くらいは稼げます。

他にも職業訓練に通えば、通っている間の6ヶ月間は前職の8割の収入を保証されます。

社会復帰に向けて勉強しながら6ヶ月間は収入を得ることができるのでオススメです。

実は、意外と40代無職になってしまってもなんとかなります。

独身でしたら余裕ですし、家族がいて子供がいる人でも掛け持ちでアルバイトすれば何とかなります。

その間に正社員などの安定した仕事を探して、転職をしてしまえばいいのです。

ただし、ここが重要です。

40代男性あるあるなのですが、やはり人生を若干あきらめてしまっている人が多いのです。

「どうせ俺はダメ人間なんだし…」

40代男性のアルバイトの方って、本当にこの様な方が多いです。

正直、みんなダメ人間なんです。

日本では、アルバイトでもなんとか生きていける国なので、そこからチェンジしていけばいいのです。

周りはきっと馬鹿にするでしょう。

だからなに?

無職になってしまっても、そこからあなたが変わりたいと思う気持ちがあれば余裕です。

40代男性の仕事探し

とにかく、40代男性の仕事探しは何もかも利用できるものは利用することです。

40代アルバイトだろうと正社員だろうと…はたまた派遣社員だろうと契約社員だろうと転職に使えるものはなんでも利用してください。

たとえば…

ハローワーク

転職サイト

新聞や雑誌の求人情報

転職アプリ

転職エージェント

企業のホームページに掲載されている採用情報

コネクション

これら全てをフル活用してください。

私自身は、現在の会社に転職したときの年齢が39歳のときでした。

前職の引継ぎや有休消化などもあったので、内定をもらってから実際に働き始めるまで4カ月ほどありましたので、実際に現在の職場に働き始めたときの年齢は40歳です。

そんな40歳でも転職できたのは、これまでお伝えしてきたことの集大成を行ったからだと思います。

現在の会社に転職したときに使用した転職サービスは転職エージェントでした。

ある転職サイトから転職エージェント経由でスカウトがきて今に至ります。

40代にオススメなのは、転職サイトよりも転職エージェント経由で転職する方が断然いいでしょう。

何故ならば、転職エージェントが力になってくれるからです。

当たり前といえば当たり前なのですが、これがかなり強力に力になってくれます。

私、1度現在の会社の内定を断りました。

何故ならば、年収が希望していたよりも少なかったからです。

そこから転職エージェントの方が会社と交渉してくれ、20万円ほど年収がアップしました。

30代の頃は、ハローワークがメインで転職をしていました。

しかし、40代になってしまったのでしたら転職サイトや転職エージェントのサービスをフル活用するのがいいです。

特に転職エージェントは、なんとしてでも転職させるのが使命ですからね。

まとめ

「40代男性でアルバイトですか…終了しましたね、あなたの人生。」

などと周りに思われてしまうことが多いのが40代アルバイト男性です。

厳しいことをいえば、実際に人生をあきらめてしまい終わっている人が多いです。

40代のアルバイト男性は。

ですが、それでいいのですか?

まだ、チャンスはあるのにいいのですか?

チャンスがあるのならそのチャンスに乗っかりたいと思いませんか?

40代男性アルバイト?人生が終わっている?

挽回できるチャンスは、まだありますよ。

とにもかくにも行動行動行動して、あなた自身の幸せをつかんでください。

アルバイトから脱皮したとき、全てが変わりますよ…

-人生, 転職