転職

【一体いつなんだ!?】転職時期のベストはいつがいい? 5月や6月がおすすめの理由とは?

転職をしたいと思ったときに、気になるのはいつ転職をすればいいのかということを気にする人が結構います。

「転職活動を始めたいけど、ベストなタイミングに時期っていつなんだろう?」

こんな風に悩む人って本当に多いんです。

私も悩みました。

きっとあなたも悩んでいるに違いありません。

結論からいいますと、あなたが転職したいと思えるような企業の求人が出ればすぐに応募した方がいいのですが…

実際にはベストの時期というのもあったりします。

そんな転職におけるベスト時期というのはいつ頃なのか。

5月や6月に転職をすることをお勧めする人もいますが、その理由とは一体何なのか。

転職活動を始めようと思っているあなたは、ぜひともこれから先を読んでみて下さい。

転職時期として5月や6月がおすすめの理由は?

一般的に求人が増える時期というのが2月から3月ごろ、そして8月から9月ごろといわれています。

私自身の体験談からいわせていただくと、8月下旬から9月の上旬にかけて募集開始される企業が比較的多かったです。

書類選考から面接をし、その2ヶ月後の10月や11月、もしくは年を明けてからの1月から入社をした転職先が多いです。

以前の職場でも2月から3月ごろに求人を出し、その年の新卒と同時に中途採用者を入社させていました。

5月や6月のちょうど夏の繁忙期前に入社してもらうことがその会社では多いようです。

企業によって繁忙期と言うのはいろいろあるのですが、6月の下旬から7月の暑くなる時期、ちょうど夏の時期から繁忙期がスタートする企業が多いようです。

繁忙期前の閑散期の時期にある程度の仕事を覚えてもらうと言う意味でも、5月や6月入社と言うのはベストなタイミングだと言えるのかもしれません。

以前勤めていた会社で、11月入社をしたのですがすぐに年末の繁忙期に突入してしまい、色々と業務を覚える前に忙しい作業にどっぷりとハマってしまった経験があります。

そういう意味でも5月や6月に入社するというのは企業側にとっても入社する側にとっても、余裕を持って業務を教えたりできるので良いのかもしれません。

転職のベストな時期転職のベストな時期やタイミングというのはいつなのか?

今の会社に不満がある、だから転職をしたいと言う人は多いのだと思います。

年収が低い、人間関係がひどい、他にも様々な理由で転職をしたいなと思う人はとても多いです。

そこで実際に転職をしようと思った時に転職のベストの時期や転職のタイミングと言うのは実際あるんでしょうか?

最初に結論から言いますと、あなた自身が転職したいと思った時が転職のベストの時期でありタイミングでもあります。

ただ、そう思ったからすぐに会社を辞めてはいけません。会社を辞めると言う事は収入が途切れると言うことです。

自分がまず転職をしたいと思った時が転職のベストな時期なのですが、その時期というのはまだスタートした段階でしかありません。

実際にあなたがどのような企業に就職したいのかをしっかりと決めてから転職一生しなくちゃいけません。

転職をしたいなと思ったのならそれはあなたが転職活動をするスタートです。

その時期を逃さずにしっかりと求人を見たりしながら次の転職先を探していきましょう。

タイミングが悪い転職時期もある

転職をしたいと思った時があなた自身の転職のベストタイミングだとお話ししました。

しかし実際に転職する上で悪いタイミング悪い転職時期と言うのもあります。

例えばまず1つ。社会保険等の関係です。

もしあなたが次に転職する会社が決まっていたとします。

よく会社は、給料の締め日の20日自明で退職をしてほしいなどと言いますが、実際にそれで止めてしまうとあなた自身が損をしてしまいます。

私もこの村をしてしまった1人なのですが、厚生年金や健康保険など、会社でかけてくれている社会保険と言うのはその会社の末日までに所属した方全てに対象に支払われます。

20日締めで退職をしてしまい翌日の1日から仕事を開始したとすると、その月の厚生年金はかけてもらえずに自分で国民年金を支払わなければならなくなります。

しかし、30日30一日などの末日まで会社に所属して退職したと言うことになりますとしっかりと退職前の会社で社会保険を全てかけてくれてます。

社会保険等をスムーズに次の会社にまでつなげていくには必ず末日で退職をするということにしましょう。

このように退職のタイミングが悪い時期と言うのは、税金や保険関係等の手続きであなた自身が損をしてしまうと言う時期だと思ってください。

転職時期がボーナスの支給時期と重なる場合はボーナス支給されてるまで待つ

転職活動をしていて内定を頂いたとします。

内定を出した企業側とすればすぐにでも入社をしてもらいたいと思うものです。

なぜならば、すぐに仕事を覚えて欲しいから。

閑散期の時期に多くの企業は入社してもらい、繁忙期に向けてある程度の仕事を覚えてもらうというパターンが多く、私も年末の閑散期に入社できないかと打診されたことがあります。

しかし、私は年末ではなく年を明けてからの入社にして欲しいとお願いしました。

その理由がボーナスです。

もし内定を出してくれた企業に早く入社をしたいと思い、ボーナス支給の前に退職してしまってはあまりにももったいないです。

私自身もボーナスをもらってから次の会社へ転職したのですが、少し失敗したこともあります。

転職前にボーナスをもらい退職するのはいいのですが、タイミングも重要になってきます。

私の体験談でいいますと、ボーナス冬の賞与の支給時期の1ヶ月前に退職の話をしてしまいました。

次の転職先へは年を明けてからの1月入社が決まっていましたので、その入社時期に合わせて退職をしなくてはいけません。

社内規定で多くの会社では、最低でも1ヶ月前に上長へ退職の意向を伝えなくてはいけません。

ですが、退職する社員に対して会社というのは満額ボーナスを支給してくれることなどありません。

これも規程にもよるのだと思いますが、私の場合ですと退職をすることが決まっていた後に支給されたボーナスでしたので冬の賞与平均1.7ヶ月に対して1ヵ月分だけ支給されました。

もしあなたが転職活動をしていてボーナスを満額貰ってから退職し、次の会社へ転職する予定なのでしたらボーナスが支給された後に退職をしたいということを上長へ伝えた方がいいでしょう。

まとめ

準備中

-転職