転職

30代後半、転職失敗!?アラフォーが転職を成功させる秘訣とは?

仕事と言うのは人生の中でも多くの時間を使います。当然1日24時間と言うのは世界中どの人間に対しても与えられた時間です。

その24時間の時間のやく半分の時間を仕事に毎日使っていると言っても良いでしょう。ですので、収入面などの不満があったりすると転職をしたりしたくなるものなのですが、何よりも1番は職場の環境ではないでしょうか?

自分に合った仕事、職場ではない場所で働き続けると言うのは苦痛でしかありません。人に評価されないなどと言うことが頻繁に起こる職場での仕事と言うのは、ストレス以外の何者でもないでしょう。

ですが、なかなか転職して今よりも良い仕事、また今より自分の合っている仕事につこうと言う人はなかなかいないのが現状です。

実際に30代後半やアラフォーでの転職活動と言うのは難しいのが現状。

しかし、失敗もあれば成功もあります。

結論からいいますと、30代後半というのはまだまだ転職することは余裕で出来ます。

30代後半やアラフォーでの転職成功の秘訣を書いてみました。

30代での転職は失敗?アラフォーでの転職で正社員希望も…

30代後半やアラフォーでの転職はできるのか?それも正社員での安定した仕事に就く事が果たしてできるのだろうか?という不安がとても多いのではないでしょうか?

それもそのはずで、果たして仕事があるのだろうか。私に合った転職先が見つかるのだろうか。と言う不安が大きいのはなかなか一方踏み出せないことなのではないでしょうか。

さらに家族を養っている方などは安易に職場を変える、転職をすると言う事はなかなかできないのではないでしょうか。家族を路頭に迷わせるわけにはいきません。

さらに転職をしたいと思っている年代と言うのは30代が1番多いのではないでしょうか? 30代にもなってしまうと、なかなか未経験の業種に転職するのは難しいですし、経験のある職種でも年齢で落とされてしまう可能性もあります。20代の若い頃でしたら、未経験の職種でも今の人手不足の時代、転職もスムーズにできるのかもしれませんが、30代ではなかなか厳しいのが現実なのではないでしょうか。

しかし見方を変えれば30代でも転職することは十分可能です。私たちが住んでいる日本では、35歳転職限界説と言うものがあります。転職できる年齢というのは35歳までと言われています。

40歳を過ぎてしまうと、書類選考の時点で落とされてしまうという人がとても多いです。

しかし、先ほども書きましたが見方さえ変えれば35歳を超えていても、また40歳を超えていても転職する事は十分に可能です。

中小企業などは正社員も人手不足!それを逆に利用する

今現在、求人を出してもなかなかその求人に人が集まってこないのは多くの企業での悩みどころです。これは、正社員の求人だけではありません。パートやアルバイトの求人に対しても全くと言っていいほど人が集まってこないのは今のご時世です。多くの会社で新卒採用を毎年行っていますが、6人から10人前後の新卒採用の社員と言うのは、入社してから3年後にはそのほとんどが退職しているのが現状です。

私の知り合いの企業では、ある年9人の新卒採用を行いましたが、3年後に残った社員はたった2人だけ。7人が3年以内に退職してきました。これだけ、多くの企業では新卒採用と言うのはなかなか定着しません。

そうなってくると企業と言うのは、新卒採用と定期的に行う中途採用の2つを行いながら人材の確保をしていかなければなりません。人手不足の問題と言うのは本当に深刻な問題で、ある経営コンサルタントの人が言うには、仕事はあるけれども従業員がいない。仕事があり利益はちゃんと出ているのでも従業員がいないため仕事ができない。そのため黒字倒産をする会社がこの先増えていくだろうと言われています。

企業は喉から手が出るほど人を欲しがっています。ちょうど2000年頃の不景気だった時、多くの方が仕事を求めていました。新着の求人が出ると1名採用のところ10人、または20人が一気に応募する位仕事を求めている人がとても多かったです。

しかし、今のこのご時世ではかなりの好条件の求人であっても応募者が2名ととても少なくなっているのが現実です。私も、転職活動していた時に好条件の求人が出ていましたのですぐに応募しないと採用者が外に決まってしまうと思い応募したところ、採用させていただけたのですが応募してきたのは私と、もう1人しかいなかったというのが今のこのご時世の人手不足を表しているのではないでしょうか。

だからこそ、売り手市場であるこの現在の転職市場。この人手不足を逆にうまく活用して、30代後半のアラフォーでも40代を過ぎていても転職することは十分に可能です。私自体38歳で好条件の会社に転職することができました。前職よりも休日も増え、ボーナスも増えた。このような転職をアラフォーでもすることができます。

30代後半の男性でも女性でも未経験職種へ転職できる?それとも厳しい?

実は、30代後半だからといって未経験職種への転職は無理だと諦めている人が大勢います。

普通に考えますと、誰もが未経験の職種へ30代の後半、例えば35歳だったり38歳だったりで転職するのは無謀だと思う人がほとんどだと思います。

無謀というより無理だろという意見を周りにいわれてしまい、意気消沈し諦めるという方が往々にして多いのではないでしょうか?

私自身も30代後半での未経験職種への転職は無理だと思っていました。

しかし、少し興味のある企業の募集が転職サイトで掲載がされました。

募集職種は「営業」です。

これまでの仕事人生の中で営業なんて1度もやった事もなかったのですが、応募してみると是非とも面接したいと返信がすぐにきました。

応募した時の私の年齢は40歳です。

面接が終わり採用したいと連絡が来た時にはビックリしたのですが、年収面が実際の求人掲載と少し違っていたため妻と相談した結果、断ることにしました。

自宅からも近く営業という仕事外回りの仕事も興味があったので、採用された時には凄く嬉しかったのですが、いかんせん年収が30万円ほどダウンしてしまったのです。

30代後半でも未経験職種へ応募をし採用を得ることはアラフォーの男性でも女性でも可能です。

ただしここで応募する企業の求人条件をしっかりと確認することは必須になります。

当然ですが、まずは未経験でも大丈夫という企業の求人へ応募しなくてはいけません。

私が40歳で営業未経験でも採用を頂けた会社というのは、40代未経験でも応募しても大丈夫だという求人でした。

さらには資格です。

私は勉強をかねて販売士の資格を取得していたのですが、営業という仕事柄、販売士の資格を持っている人優遇という求人だったのです。

業務をするうえで必要な資格ではないのですが、あると仕事の理解力もあり仕事を覚えるのも早いと判断されたのだと思います。

インターネット通販の発達によってセールスドライバーの職種も未経験でも採用されることが多いそうです。

30代後半でも、さらに未経験の職種でも人手不足とお互いのニーズが合わされば採用される可能性はとても高いのでチャレンジしてもいいと思います。

意外に狙い目な30代での県外への転職

30代で本気の転職を考えているのでしたら、県外への転職も考えてみるのも1つの案だと思います。

どうしても生まれ育った地元にいたいとか、実家から離れて転職するのもいいけど県内ではないと嫌だとかいうのでしたら無理ですが、県外まで転職活動の幅を広げるとたくさんのオファーが実は来るんです。

たった1度の人生だし住む場所よりも仕事に生きていきたいと考えているのでしたら、県外への転職はかなりオススメです。

なぜならば、かなりの確率でキャリアアップできるからです。

私も県外も視野に転職活動をしていた時に、転職サイトを経由してある企業の人事担当者からプラチナオファーを頂きました。

1次、2次、役員面接と進んでいき、課長職として内定を頂きました。

年収も100万円アップの500万円になり妻も喜んでいました。

1部上場企業商社の子会社への内定だったので、まずは静岡県で勤務してから数年で全国転勤する会社でしたので、断ってしまったのですがそれでも内定を頂けたということは転職成功ということになります。

それもかなりの大手企業の関連会社です。

他にも社長自ら直接私にオファーをしてきてくれたり、その全てが県外なのですが全てで年収はかなり大幅アップできました。

将来の幹部候補としてまずは月収35万円で働いて欲しいとか、新しく立ち上げる営業所の物流改善担当になって欲しいとか様々なオファーを企業から直接頂くことが県外まで転職を視野に入れると頂くことができます。

人それぞれ、あなたにもあなたなりの生き方があると思いますが、仕事でとにかくキャリアアップをしたい、そのためなら全国どこでも行きますという気持ちがあるのであれば、転職活動を日本全国県外へ広げることでかなりの可能性が開かれます。

過去の自分の仕事、キャリア等の経験を棚卸しする

転職活動するときに、ただ自分の興味のある仕事、または自分がやってみたい好きな仕事などと言う理由で仕事を選んではいけません。

転職を成功させて、今よりも幸せな人生を手に入れるにはまずは自分自身の今までの仕事の経験を棚卸ししてみることから始めてみましょう。

私が38歳で転職した職場では、44歳で転職してきた方もいらっしゃいました。44歳の方が転職を成功できた理由と言うのは、今までの自分の経験値をそのままスライドさせて転職先での仕事で生かすことができるからです。

その方は同業他社のライバル企業で働いていました。しかし、前職では契約社員と言うこともあって安定している正社員での仕事を望んでいたところ、同業他社のライバル企業の求人に応募し44歳でありながら見事に採用となったんです。

ちなみに私自身も38歳で転職した会社では、前職の経験を生かせる仕事でした。履歴書と職務経歴書を郵送し、翌日すぐに人事の方から面接をしたいと連絡が入り、実際に面接をしそのまま役員面接。その3日後位に採用の連絡をいただきました。とてもスムーズに転職できたと自分でも思います。

それもそのはずで、転職先の職場で自分でいうのも恥ずかしいのですが、上司や職場の社員の方からの評価がとても高かったです。

まずは、今までの自分の仕事の経験値を棚卸ししてみる。自分は一体何ができるのか。自分は、どのような業界、どのような職場でなら活躍ができるのか。自分のやりたいことではなく、自分の興味のある仕事ではなく、自分自身、そうあなた自身が活躍して評価できる仕事、職場へ標準を合わせ転職活動をするのです。

転職と言うのは自分自身が幸せになるためだけではありません。企業側にとっても、あなたを採用してよかった、あなたが来てくれてうちの会社は幸せだとお互いがwin winの関係にならなければ転職というのは成功しません。

転職成功のカギと言うのは、チャレンジではなく、ステップアップと考えてください。チャレンジと言うのは、今までやったことがないこと、未知の領域への挑戦と言うことです。逆にステップアップと言うのは、今の自分の現状を少しでも良くしていくと言うのがステップアップです。転職と言うのはチャレンジではなくステップアップです。このことを肝に銘じながら転職活動を成功させてみましょう。

ただし未経験でもチャレンジ可能な企業への転職活動はしてみても大丈夫でしょう。実際に私も未経験でも営業での採用を頂いたことがあります。

仕事と言うのは人生の大半を過ごす場所です。1週間のうち休みが週1日間しかない職場。夏季休暇も年末年始の休暇も全く休みがない職場。正社員でありながらボーナスの全くない職場。正社員でありながら何年働いても給料の上がらない、ベースアップない職場。残業代が全く出ない職場。

このようなとても過酷な労働をしていませんか?私は、今までこのような職場でずっと働いてきました。そのような職場の経験を積み重ねて、今の職場に転職することができました。

仕事選びは人生選び。

今の職場の現状に納得していない、また幸せでないのなら転職をして少しでも幸せになれるようステップアップしていきましょう。

-転職