ライフスタイルの充実方法

【ウォーキング効果でメンタル強化!】散歩の効果で健康をゲットできるんですよ。

皆さんは定期的に運動をしていますか?

子供の頃は遊びが運動を兼ねていることも大いにありますが、大人になってくると運動する機会が激減してしまいます。

そのため、定期的に運動していますかという質問をすると…

「そんな時間はないくらいに働いているよ。」

「休日は、運動どころはただ寝たい。」

「運動よりも食べ歩きが好きです。」

この様な返答が返ってきそうですね。

中々、定期的に運動をしている人って少ないのではないかと思います。

学生の頃は授業で体育があったり、サークルでスポーツをやったりしていますが、社会人になると運動をするというのは自分自身で意識をしなくては出来ないことではないでしょうか?

私も運動なんてしていません。

偉そうにいっても誇れるものではないのですがしていません。

したいしたいと思っていても中々出来ないんですね。

一歩踏み出す、その足が重くなってしまって…

以前、痩せ型の体系を改善しようと筋トレを始めたのですが5キロほど体重が増加しさらに5キロ増やそうと思ったところで壁にぶつかってしまい、1年ほどで止めてしまいました。

それだけ運動を習慣にするって難しいんです。

しかし、読書などと同じでライフスタイルの充実には運動、体を動かす事が重要になってきます。

そこでオススメなのが散歩、ウォーキングです。

実は、私は8年位前から散歩を習慣にしています。

かなりの距離を今では歩くのですが、この8年間とても健康的に過ごせています。

あなたの人生のライフスタイルの充実のためにも散歩・ウォーキングを取り入れてみてはどうでしょうか?

その効果にきっと驚くことでしょう。

ぜひとも、毎日健康的でストレスフリーで生活したいと思っているあなたは、これから先を読んでみて下さい。

散歩・ウォーキングの効果とは?

いきなり結論からいってしまうと、散歩・ウォーキングをすることで多くの病気を防ぐ事が出来るといわれています。

「またまた!本当に?」

などと、疑いたくなる気持ちも分からないでもないですが本当です。

人間は1日平均して4000歩は歩くといわれています。

実際に万歩計を持って歩いてみるとそれくらい歩いていることが分かるのではないでしょうか。

万歩計を持っていなくても、今現在ではスマートフォンのアプリを使えば簡単に歩数を知ることが出来ます。

私自身、休日の日で天気の良い日にはほぼ散歩へ出かけます。

好きな音楽を聴きながら、太陽の日差しのもと歩くのはとても気持ちが良いです。

音楽以外にも、オーディオブックを聞き勉強しながらウォーキングをすれば、健康と勉強の2つを手に入れることが出来ます。

まさに、一石二鳥ですね。

先程もお伝えしましたが、人間というのは1日平均4000歩以上の歩数を歩くことでより一層健康になるそうです。

日常生活の中で4000歩を歩くので、少し意識して歩く回数を増やせば健康にとても効果があり、身体が悪くなることもなくなってくるというわけです。

そんな健康にとても良い散歩というのは、脳卒中やうつ病の予防にも効果があるようです。

私自身も、以前の職場で1日平均して20000歩は歩く仕事をしていました。

その仕事から転職をし、デスクワークがメインの会社へ転職して1年。

40代になってしまったということも関係しているでしょうが、6キロも太ってしまいました。

人間というのは、歩くということが基本的な健康維持方法なのですね。

ウォーキング効果でメンタルが強くなる

散歩やウォーキングは、メンタルの強化にも良いそうです。

メンタルというのは、精神的なことや心の持ちようという意味になります。

「散歩しているだけで精神的に強くなれるはず何てないでしょ?」

「定期的にウォーキングをして、心が晴れやかになるのかな~?」

「歩くだけでっていうのがね~。」

ここで、あなたも昔を思い出してみて下さい。

小学生や中学生の頃って、毎日歩いて通学していませんでしたか?

子供の頃って、必然的に歩くことが習慣化されているわけです。

それが大人になってみるとどうでしょうか。

車に乗って通勤したり、または電車やバスに乗って通勤したりと、小学生や中学生のときと違い、通勤する場所が歩ける距離ではないため移動手段が車だったり、都会の方ですと電車やバスになってしまいます。

大人になるにつれて、歩かなくなるということが習慣化されてしまうのです。

あなたも、大人に…社会人になったときの方がストレスや悩みごとが増えていませんでしょうか?

「あの子供の頃の精神的にも心にも余裕があるときに戻りたいな…。」

そんな風に思っているのは、あなただけではなくて私も皆さんも一緒です。

歩くということが習慣からなくなってしまう社会人だからこそ、メンタル的にも弱くなってしまい、さらにはダメージの回復ができなくなっているのです。

あなたの生活の1週間の中、1日でもいいので休日に歩くという習慣を身につけて下さい。

その散歩やウォーキングを行うだけで、メンタルヘルスも良くなります。

あなたのメンタルが良くなるとということは、職場や家庭でのストレスも軽減されて、生活環境も良くなるといわれています。

実際に、私自身も天気の良い日にウォーキングをすることでメンタルが良くなりました。

太陽の光、セロトニンをたっぷりと浴びることで精神の健康を保つことができます。

そのおかげもあり、20代のストレスしか感じられなかった毎日とは大違いで、驚くくらいにストレスも軽減されています。

週に1回のウォーキングを取り入れて下さい。

あなたのメンタルも、太陽の日差しが降り注ぐ空の下で行うウォーキングで、物凄く強化されていくことでしょう。

散歩・ウォーキングは健康に良い

散歩やウォーキングが健康に良いということは、すでに分かっていただけていると思います。

本当に、太陽の日差しがさんさんと降り注ぐ自然の中での散歩やウォーキングは、とても気持ちがいいものです。

「少し汗をかきながら歩くのがこんなに気持ちのいいものだったのか!」

という様に、実際に散歩や少し早歩きで歩くウォーキングを習慣にした人はみんなその様に話します。

ところで、気になるのが散歩やウォーキングをどれくらいの負荷をかけて行えばいいのかということです。

散歩やウォーキングに関わらず、身体を動かすという行為に対してはある程度の負荷が必要です。

筋トレなども負荷をかけなければ、筋力アップはしません。

そんな散歩・ウォーキングによる健康効果を得られる歩数というものが実はあります。

健康に良い歩数としてどれくらいの歩数を歩けばいいのかというと、1日の平均歩数である4000歩にプラスして2000歩の約6000歩ほど歩くと良いとされています。

私は、散歩で8000歩から多いときで14000歩ほど歩きますが、年配の方には正直大変だと思います。

ですので、6000歩から7000歩を歩くようにしてみたらいいと思います。

6000歩や7000歩ですと、平均で4キロから5キロの距離を歩くことになります。

ちなみに、以前働いていた物流センターの職場で1日どれくらい歩くのか計ってみたことがあります。

その当時働いていた物流センターでの私の歩数は…

1日に25000歩を歩いていました!

「それだけ職場で歩くのだったら散歩しなくてもいいんじゃないの?」

というごもっともな声も聞こえてきそうですが、やはり太陽の日差しの下、風を感じながら歩くのとは全く違います。

体への健康と心の健康を同時に得られる散歩・ウォーキングは、とてもやりやすくオススメのストレス発散法であり、ライフスタイル充実の方法の1つです。

散歩やウォーキングなんて意味がない!?

散歩やウォーキングを習慣にしたって、意味がないという方もいらっしゃいます。

「歩くだけで何か改善されるってさ~。本気か?」

こんなことをいってくる知人もかつては私にもいましたね。

散歩に意味がないということ…本当にそうでしょうか?

結論からいいますと、そんなことは決してありません。

しっかりと結果も出ていますし、人は歩くことによってとても健康的にいられます。

健康的にいられるという結果があるからこそ、多くの方が散歩やウォーキングを実践しています。

その様な光景を目の当たりにしますよね?

そもそも人間というのは、歩かなくては逆に不健康になってしまうかもしれません。

実は、高齢の方が足腰が悪くなるとボケてしまうのが早いそうです。

あっという間に認知症になってしまうとか。

だからこそ、散歩やウォーキングなどを習慣にするのがオススメなのです。

ただし、注意も必要です。

当然ですが、あなた自身の体調と相談しながら散歩するということが大事です。

他のスポーツと同じで、やりすぎというのは逆に身体に悪くなってしまう可能性もあります。

歩きすぎてしまって膝を悪くしてしまい、歩くたびにしばらく痛みを感じてしまうことも発生してしまう可能性もあります。

私も、以前歩きすぎてしまい、右足の膝裏の部分がしばらく痛くなってしまったときがあります。

さすがに1日14000歩を散歩をすると、当然ですが両足に疲労を感じます。

誰もが14000歩も歩けば両足に疲れを感じるでしょうが、特に60歳などの高齢の方が14000歩も歩いてしまうと、疲労も倍以上になってしまうかもしれません。

散歩やスポーティーに行うウォーキングは、心身ともに良いことであり、決して意味がないことはありません。

ですが、意味がなくなってしまうような散歩やウォーキングのやり方をしてしまえば逆効果になってしまうかもしれません。

自分の体調に気をつけながら、行っていきましょう。

ウォーキングの効果が出るまで

そもそも、ウォーキングをすることで効果が表れ始めてくるのはどれくらいの時期からなのでしょう?

実際、毎日5000歩ほどのウォーキングをしている人で、3ヵ月から4ヵ月くらいから効果が出始めてきたという人が多いです。

「毎日のウォーキングで運動不足解消ができ疲れにくくなった!」

「肥満気味だった体重が落ちてきた。」

「ストレスが解消でき、毎日が快適に過ごせています。」

この様なウォーキングの効果が出てくるのに、3ヵ月から4ヵ月かかるといわれています。

ただし、これは個人的にも違ってくるのが事実です。

早い人では、1ヵ月で効果を感じる人もいるでしょう。

遅い人ではもっとかかるでしょうし、毎日ウォーキングができずに週に1回や2回の人では、ウォーキングの効果を得るのにもっと時間がかかります。

実際、ウォーキングの効果を得るためには、毎日欠かさずウォーキングをした方がいいのです。

しかし、働き盛りのサラリーマンや子育てに忙しい女性の方など、毎日ウォーキングをすることは難しいのが現状です。

「毎日ウォーキングをしなければ、3カ月後や4カ月後に効果が出ないのか…」

などと落ち込むことはありません。

週に1回や2回のウォーキングでも、足腰を鍛えたり運動不足の解消、ストレスの解消に効果はあります。

早くウォーキングの効果が感じたい人は、毎日の習慣にすればいいのです。

あなたのペースに合わせて、生活の中にウォーキングを取り入れればいいのです。

週に1回もウォーキングをしない人よりも、毎週欠かさず1回はウォーキングをする人の方が健康になるのは当たり前です。

効果が出るまで、じっくりゆっくりとあなたのペースで続けて下さい。

私自身は、ウォーキングを始めてメンタル面が良くなったのが、始めてから2ヵ月くらいでしたよ。

まとめ

ただ歩くだけの散歩。

そして、少し早歩きで歩くウォーキング。

こんなに簡単なことあだけれども、健康にとても効果があるのであればやらない理由はありません。

正直、ジムとか通って筋トレをしたいという人も大勢います。

ですが、毎月支払う料金とかを考えてしまうと、中々ジムに通うのも難しくなってきます。

特に家庭を持っている方でしたら尚更です。

それに引き換え、散歩やウォーキングは無料でできます。

とてもお得であり、心身ともに健康になれるのです。

「最近、体力が落ちてきて少し太ってきたな。」

「会社でのストレスが溜まっていて辛い。」

「気分が落ち込むことが多くなってきた…。」

この様に感じ始めたら、散歩やウォーキングを習慣に取り入れて下さい。

きっと、あなたの生活が少しづつですが良くなってきますから。

休日だけでもいいので、散歩・ウォーキングを始めてみましょう。

-ライフスタイルの充実方法