人生 転職

【人生のバッドエンド】40代男性非正規の末路とは?40代男性アルバイトやパートで独身だと将来の希望も無い?

「あの人ってさ、結婚もしてない独身でパートで働いているんですって。人生終わってるよね~。」

もし、あなたが40代男性で非正規雇用で働いているのでしたら、職場の女子から辛いですがこの様なことを陰口でいわれている可能性が高いかもしれません。

世間一般的に、40代では当たり前に家庭を持っている男性が多いです。

結婚をしていなくても、正社員として働いている人も多いのが普通。

しかし、就職氷河期世代などの方々は、ものすごい不景気の時代に就職活動をしなくてはいけなく、そのままズルズルと非正規雇用として働き続けている人も多いのが事実。

それでも、その不遇な時代を生きてきている人でも努力し、現在では正社員で働いている人が大勢いるのも事実。

人生には、何が正解か何が不正解かなど分かりません。

当の本人が良ければ、40代男性独身でパートなどの低賃金非正規雇用で働いていても、良いのではないかと思います。

しかし、そうはいっても正社員として働いた方が幸せになれる確率は高いです。

私自身がそうでしたから。

現在、40代男性でパートやアルバイトで生計を立てているのでしたら、人生のバッドエンドになりかねません。

40代男性で非正規雇用で働くことが、どれだけ辛く悲しいのか書いてみましたので、よろしかったら読んでみて下さい。

40代 非正規の男性の特徴

40代で非正規雇用で働いている男性の特徴は、っと聞かれると…

「稼いだお金で好きなこと、趣味に没頭している」

「パチンコなどのギャンブルをしている」

「ただお酒を飲むことしか考えていない」

聞かれてパッと思いつくのはこの辺りではないでしょうか?

当然、40代で非正規雇用の男性というのは、結婚をしていない独身が多いです。

以前ですが、私が働いていた職場でも40代のパート男性が数人いましたが、休日にパチンコをするか毎日お酒を飲んでいるかのどちらかでした。

パートで働いている40代の友人も、自分の好きな趣味にお金を使っています。

これら共通するのが、親と同居の実家暮らしということです。

ちょうど40代男性の方々のご両親というのは団塊の世代の方々が多く、あの当時は景気も良くマイホームを購入して当たり前の時代でしたので、40代男性の非正規雇用の方々というのは、実家に住んでさえいれば住む場所には困らないのです。

実家に寄生虫の様に暮らしてしまっているがゆえに、非正規のパートやアルバイトで月に十数万円しか収入がなくても生活ができるため、自分の好きなことにお金を使ってしまうのが40代非正規雇用の男性の特徴ではないでしょうか?

実際に、私の友人で40代パートの方は、少ない収入ながらもよく買えるよねといわんばかりの趣味のものを買い、親からいらなくなった車を乗って暮らしています。

こうなってきてしまっている40代非正規の男性が多いのではないのでしょうか?

正直、この様な生活を続けていってしまうと、ズルズルと人生が終わっていってしまうのも無理はありません。

40代でアルバイトの男性って終わっている?

40代という働き盛りの年齢ににも関わらず、アルバイトとして働いている男性って終わっているのでしょうか?

状況にもよるのですが、結論からいうと終わっているでしょう。

「そんな酷いこと言わないでくれよ!」

という反発の声が聞こえてきそうですが、40代で正社員として働いている人と40代でアルバイトで働いている人を比べたときに、あなたはどう感じるでしょうか?

悲しい状況や自分自身ではどうしようもない状況によって、40代にも関わらずアルバイトでしか働けなくなってしまった人も少なからずいると思います。

しかし、どこかでアルバイトから抜け出して正社員として働けるチャンスってあったのではないでしょうか?

私自身も13年ほどの長い期間、非正規雇用として働いてきました。

そんな私も現在ではしっかりと正社員として働いており、結婚をして子供も2人います。

夢を優先するためにアルバイト生活が長かったのですが、そんなアルバイト中でも勤務先から働きぶりを認められ、「うちで正社員として働く気はないか?」とお誘いを受けたこともありました。

人生を変えるチャンスって意外とあるのです。

ただ、その人生を変えるチャンスを自分のやりたいことではないからとそっぽを向いてしまい、いまだ叶わぬ夢を追い求めて40代に突入してしまったりしているのです。

また、責任感の無いアルバイトとしての生活に慣れてしまい、抜け出せなくなっている方も多いのではないでしょうか?

私も経験がありますが、アルバイトは正社員に使われるのは面白くない一面もあるのですが、指示をこなしていけばいいので楽であることは確かです。

楽な働き方をし続けてきてしまった40代男性アルバイトというのは、社会では終わっていると思われても仕方ないことなのかもしれません。

40代 大卒にも関わらずフリーター

昨今の日本では、団塊の世代の時に比べて大学へ進学する子供が増えてきました。

親から大学を卒業するまでに、1000万円近くの学費やその他の費用を支払ってもらって大学を卒業します。

大学卒業までの費用をかなり親から負担してもらいながら、大学を卒業してもフリーターをしている人も大勢います。

中には、大学を卒業してニートをしている人もいるくらいです。

「親からそんな大金を払ってもらってフリーターってやばくね?」

こんな風に思われてもしょうがないでしょう。

必死になって子供を大学へ通わせてくれた親に対して、大学を卒業してからフリーターは悲しすぎます。

就職氷河期の時代などは、景気がとても悪かったので大学を卒業しても多くの人がフリーターとして働かざるを得ませんでした。

私自身は大学に通ってはいないのですが時代は就職氷河期、大学へ通い卒業した友人達も多くがフリーターにならざるを得ませんでした。

時代が悪い場合はしょうがないのかもしれませんが、それでも大学を卒業しているのでしたら頑張って正社員になるべきです。

また、大学を卒業して夢を追うためにフリーターになるくらいなら、1度は正社員として就職してみても良いのではないかと思います。

大学を卒業してまでもフリーターになるくらいなら、取り敢えずは正社員として就職し経験を積む。

これが今後の人生で役に立ってきますので、せっかく大学を卒業したのならばまずは就職しましょう。

中年のフリーターは悲惨

中年のフリーターほど悲惨なものはないのかもしれません。

特に男性の中年フリーターは、様々な事情によってフリーターにならざるを得なかった人達もいるとは思いますが、経験上ほとんどの人達がフリーターから抜け出そうとせず中年になってしまったパターンが多いです。

50代などで務めていた会社が倒産してしまい、正社員としての再就職が厳しい年齢でフリーターになってしまったのなら仕方ありません。

しかし、30代のころから(もしくは20代後半から)アルバイトやパートでのフリーターとしての働き方から抜け出そうとせず、そのままズルズルと40代の中年になってもフリーターとして生活しているのでしたら甘えもあるのでしょう。

甘え以外でしたら、あきらめもあるのかもしれません。

「あきらめたらそこで試合終了だよ。」

というバスケット漫画のスラムダンクの安西先生の名言でもあるように、中年になる前にフリーターから正社員へと脱出できるチャンスは少なからずあったはずです。

40代の中年になってから今までのことを後悔し、正社員として就職を頑張ろうと思っても厳しい現実が待っています。

今までフリーターとして長く働いてきた場合は、その経験を評価してくれる企業が圧倒的に少ないという現実があります。

私自身も30代の頃に転職をしようと思い、転職活動を積極的にしていたのですが、その時に複数の転職サイトに登録をしていましたしハローワークにも通いました。

ハローワークで応募した求人にも採用が決まりましたし、転職サイトからも日本全国から直接スカウトメールがかなり届きました。

しかし、41歳になってからというもの、30代のころに比べるとスカウトメールが全くきません。

全くではないのですが、スカウトメールが届いたのは1通だけです。

40代の中年という時期は、ある程度これからの生き方が見えてくる、もしくは決まってくる年代です。

ここから一発大逆転を狙うのも良いのかもしれませんが、そうなる前に30代のうちに人生あきらめる前に行動しましょう。

40代 フリーターで男性は結婚できない?

40代独身男性で、結婚願望のある人というのも結構いるのではないでしょうか。

もし、40代男性で結婚願望があるにもかかわらず、職業がフリーターだったとしたら結婚はできるのでしょうか?

結論からいうと、かなり難しいのではないでしょうか。

確率とすれば、90%は40代男性フリーターは結婚できないでしょう。

私自身に娘がいたとして、結婚したいとあいさつに来た男性が40代でフリーターだとしたら反対します。

安定していない働き方をしているフリーターの男性と、娘を結婚させるわけにはいきません。

しかし、実をいうと私自身が29歳の時に契約社員として結婚をしてしまいました。

それもできちゃった結婚です。

妻の両親からかなり支援をしていただきましたが、結婚してから3年後にはしっかりと正社員として転職をし、今現在ではしっかりと妻と子供2人を養っています。

正社員として就職すると、家族がいれば家族に対する福利厚生もある会社が多いです。

子供のいる人数によって手当を支払ってくれる会社もあります。

これがフリーターでは、当然ありません。

私が結婚して3年間、契約社員で働いていたときというのは、辛うじて妻を扶養に入れてくれました。

そこだけは救いだったのですが、フリーターでは妻を扶養にしてもらえる可能性もかなり低いでしょう。

もし、あなたが40代男性でフリーターをしており結婚願望があるのでしたら、迷わずフリーターから抜け出すことを考えて下さい。

しっかりと正社員としての働き口を見つけるべきです。

40歳 フリーターって楽しい?

「40歳でフリーターだけど、責任をしょってるわけでもないし楽だから気楽で楽しいよ!」

この様に、心の底から本気で40歳フリーターが楽しいと話している人にあなたは会ったことがありますか?

当然ですが、私は会ったことはありません。

私の知人で46歳フリーターをしている実家暮らしの人がいますが、これからどうするのと話をすると…

「俺のことはいいからさ…」

というように、人生あきらめモードで話を切り返してきます。

40歳、もしくは40代で独身フリーターをしており、実家暮らしをしていれば住む場所も食べるものも困りません。

その様な状況に置かれてしまうと、ある意味で人生のあきらめを人間はしてしまうのかもしれません。

「フリーターは楽だし楽しい。」

などと、感じてしまうのかもしれませんが、心の底から楽しいと感じるのでしょうか?

私は、その様には思いません。

朝の8時から取引先との打ち合わせの出張に行くため、上司と一緒に車で1時間半かかる場所へ行き打ち合わせをし、帰りに昼食を取り帰社してから他の取引先と電話で新しく始まる取引の流れの内容を確認する。気づけばすでに定時の時間…

この様な忙しい1日を過ごす日がいくつかある正社員としての日常は、40歳フリーターの人からしたら奴隷の様に思われるのかもしれません。

しかし、辛そうに見えているこの正社員の日常は、とても幸せな日常なのです。

「責任感ある仕事がある」

「重要なポジションで仕事ができている」

「会社のために役立っている」

フリーターの人からすれば一見、大変そうに感じられる仕事ポジションでも、実は責任ある重要な仕事をできる正社員というのは幸せな働き方なのです。

現在、40歳や40代でフリーター生活をしているあなた。

本当に今現在の40代中年フリーターとしての働き方が楽しいですか?心の底から楽しいと思えますか?

自分自身に嘘をつくのを止めるときから人生は変わってきます。

40代男性独身でフリーターをやっている人で毎日が楽しいと感じている人、本当に心の奥底から毎日を楽しんでいますか?

もしあなたが40代でフリーターをしていて、フリーターとしての現状の働き方を後悔しているのでしたら抜け出せる最後のチャンスかもしれませんよ?

40代 非正規の末路とは

40代になって非正規雇用として働いている人の末路って一体どうなるのでしょうか?

特に、男性で40代非正規雇用ですと、結婚して家庭を築くことすらも難しくなってきます。

40代でもしあなたが非正規雇用で働いているのでしたら、その末路は貧困予備軍といっても過言ではありません。

しかし、その様に感じない40代非正規雇用の人が多いのも事実なんです。

その大きな理由の1つが、親の残してくれている家があるということではないでしょうか?

取り敢えず住む場所があるということは、食費を削ったりしていけば最低限の生活は出来るということです。

私自身、家族を養っていますが、44歳でパートとして働いている知人に比べれば毎月使えるお金はむしろ少ない方でしょう。

知人の手取り額が月に10万円だったとしても、家賃や光熱費を支払うわけではないのでそのまま使えます。

40代で非正規雇用で働いていて1人暮らしをしているのでしたら、ものすごく危機感を覚え正規雇用の仕事を探すかもしれません。

ですが、非正規雇用の多い就職氷河期世代の人達というのは、親が残してくれている家を持っている人が意外にも多いのです。

ある意味で甘えてしまっているのです。

しかし、住む場所があるからといって少ない収入でも安泰な生活がこれからもできるとは限りません。

40代非正規雇用、特に男性で独身の人というのは、そのままアルバイトやパートのまま働き続けてしまうとさみしいく辛い未来が待っています。

人によって楽だから良いなど捉え方は様々ですが、それでも贅沢は望まなくても人並みに家庭を持ちごく普通な人生を送るのは案外幸せなのです。

非正規雇用の定収入だと、将来の年金も少なくなってしまいます。

将来得られるものが少なくなってしまい尚且つ結婚できず子供もいない人生。

結婚や子供を持つのはそれぞれの価値観がありますが、非正規の仕事と正規の仕事では責任感という部分でのやりがいも違ってきます。

定年まで何の裁量や決定権も持つことのできない非正規で働き続けるのは、人生とても損してしまっています。

40代は、1番の働き盛りの時です。

1日の時間の中でも3分の1を過ごす仕事の時間位は、40代で独身だろうとやりがいを持って生きていきたいとは思いませんか?

40代男性非正規の末路は、責任感もやりがいも無く、自分の好きなことをしていても虚無感しかない人生になるでしょう。

まとめ

「人生のバッドエンドになってしまう40代男性非正規…」

本当に40代男性の非正規雇用というのは、先の人生を考えると本当にバッドエンドになってしまう可能性が高いです。

還暦までの期間が20年をすでに切っている40代です。

もし、あなたが40代男性でアルバイトやパートなどの非正規雇用で働いているのでしたら、還暦になったときにどの様な未来の青写真を描いていますか?

未来の青写真を描ける材料は揃っていますか?

たぶん、40代で非正規雇用の男性のほとんどが還暦になったときの未来の青写真を描けていないと思います。

私が職場で出会ってきた40代男性非正規の人達は、ほとんどの人がこの様な考え方や行動をとっていました。

「結婚するつもりもないし自分のパチンコやお酒が飲めればそれでいいっす。」

「日本はバイトでも生きていける国だから幸せなんだよ。」

「俺のことはもういいからさ…」

これらの言葉から共通するのは、あきらめているということです。

40代男性で非正規で働いているという状況には、様々な事情があると思います。

就職氷河期世代だったため最悪の不景気の中、就職が決まらずそのままズルズルと40代まで来てしまった人。

夢を追うためにあえて非正規という働き方を選んだものの、10年、20年と夢を追い求めるもかなわず40代になってしまった人。

やりたいことが見つからず、自分のやりたいことを探し続けていたら40代非正規雇用という現状になってしまった人。

現在では、求人にも就職氷河期世代限定求人などもあります。

企業も、そして国も何とか40代の非正規雇用である人達を救おうとする動きがあるのも事実です。

まだまだ40代というのは、最後の大逆転の可能性を少ないですが秘めている年代です。

プライドは捨てて、あなたが幸せになれる道へ突き進んでいってください。

本当の40代非正規の末路である、人生のバッドエンドになってしまう前に…

-人生, 転職