読書

【最高のストレス発散方法!】人生を豊かにする読書の効果や意味とは?

常日頃、私達はストレスをたくさん浴びながら日々生きています。

「毎日毎日…何でなんだろう?ストレスが溜まってイライラが止まらない!」

こんな風に日々感じている人も大勢います。

もしかしたら、あなたもそうかもしれません。

全くストレスを感じて生きていない人というのは、絶対にこの世の中にはいません。

もしいるのでしたら、ぜひともお会いしてそのノウハウを教えていただきたいくらいです。

ストレスというものは、大きく分けて二つの場所から受けることでしょう。

  1. 1、職場
  2. 2、家庭

少しでもストレスを和らげる事が、人生を豊に生きていくうえでは必要なのではないかと私は思っています。

そして人生を豊に生きていくうえで必要なのが「読書」です。

本から得られる知識は、私やあなたが決して生きる事は無いだろう人生を歩んできた先人達の知恵がたくさん書かれています。

悩み事があっても先人の知恵によって救われる事が私自身たくさんありました。

私も昔…20代の頃は特にストレスが溜まりイライラしっぱなしでしたから。

それでは、読書は一体どの様な効果があり人生を豊にしていくのか見ていきましょう。

人生を豊かにしたいと思っているあなたは、ぜひともご覧になって下さい。

読書の効果とは?

まず読書の効果としてストレス発散が挙げられます。

「え、読書でストレスなんて発散できるの!?」

そう思う方も多いのではないでしょうか。実は、運動するよりも何よりも読書によるストレスの発散が一番効果があると言われています。

ストレス発散の方法としては、スポーツなどで身体を動かしたり、好きなものを食べたり、気分転換にドライブに行ったり様々あると思います。

好きなものを食べたりなどもストレス発散としては分かるのですが、好きな食べ物が身体にあまり良くない食べ物だとしたらどうでしょうか?

多くの人は、好きな食べ物イコール「甘いデザート」みたいな感じで選ぶ方が多いですし、何よりお酒が好きなので毎晩の晩酌がストレス発散だと言う人もいるかもしれません。

ですが、食べる事のご褒美と言うのは多くの方が身体に悪いものを食べたり飲んだりしてしまっているので、ストレス発散にはあまり効果がありません。

ドライブなども一見ストレス発散には良さそうですが、性格的に周りの運転が気になってしまう人には逆にストレスがたまってしまうかもしれません。

そこで一番ストレスを発散するのに良いのが読書です。本を読んでいる間と言うのは、本の無いように集中する事が出来ます。集中しその本の内容を深く考えながら読んで行くので、知識も付くし集中することによって自分自身の世界に入る事が出来ます。

知識も付き、ストレスも発散できる。まさに一石二鳥の素晴らしい効果が得られるのが読書です。

読書の効果が小説では一番感じられる?

読書をする時にどの様な本を読めば良いのか分からないと言う方もいらっしゃいます。

どの様なジャンルの本を読めば自分自身のストレス発散になるのか分からないと言う方が結構実はいます。そもそも、あまり本を読まないという方の方が多いのではないでしょうか?

あまり本を読まないという方にオススメなのが「小説」です。

ビジネス書や自己啓発書なども社会人の方にはオススメなのですが、あまり本を読む習慣が無い人にはこれらのビジネス書や自己啓発書は、読むのがとても大変です。

そこでオススメなのが小説です。

小説自体、ドラマになってたりするくらいですのでストーリーがとても面白いものが多く、読んでいるとそのストーリーの風景を頭に思い浮かべながら読み進めていくのでとても集中でき面白く読めます。

「次は、一体どの様な展開になるんだ!?」

などと、ワクワクしながら読み進めていけますのでとても集中でき読んだ後にはとても心が豊かになっていることでしょう。

読書は仕事にも活かすことができる

読書には、メリットしかないのではないかと思いませんか?

そうです。

読書には、人生を豊かにするメリットしかありません。

さらには、読書で得た知識で仕事にも活用することができます。

私もそうですし、あなたもきっとそうでしょう。

仕事には、悩みがつきものです。

「何でこんなことになってしまったんだ!」

などという、大きな失敗をしてしまうことも仕事人生には1度や2度あるはずです。

ですが、人間というのはそこ失敗から学びます。

さらにもう一歩踏み出す人というのは、本からもさらに知識を得ようとします。

本というのは、悩みを解決する最高のツールです。

先人たちが何十年も経験してきた成功や失敗を、1冊の本で学ぶことが出来るのですから最高のツールです。

読書というのは、成功や失敗を経験してきた先人たちから最高の経験を知識として得ることができます。

その読書で得た知識というのは、すぐに役に立つことは少ないです。

しかし、数年前、数カ月前にあなたが読んだ本の知識があるときふっと降りてきます。

読書というのは、投資です。

自分自身への最大の自己投資が読書です。

その読書という自己投資が、時間を得て必ず仕事であなたの役に立つ時が来ます。

読書を習慣化している人と、読書をしていない人とでは仕事でのアイデア・発想力が全く違いますから。

読書は最高の趣味

読書をすることというのは、最高の趣味にもなります。

ストレスの発散に効果があったり、自分が経験できていないことを本を通じて経験でき知識を得られるというメリットもあります。

しかし、それらの効果を得られると知ったときに、読書をせずにはえられなくなるくらいに最高の趣味になるのです。

あなたも経験があると思います。

本を読んでいるときって、集中することができませんか?

例えばビジネス書を読んで知識をむさぼっている状態だったり、小説を読んでそのストーリーに入りこんでいる状態というのは、物凄い集中している状態です。

多くの人というのは、読書をする習慣がありません。

むしろ、読書をすることに苦痛を感じる人が多いのが現状です。

「本なんて読んで何か意味あるの?」

「1冊2000円!?高いなー!」

「読書を趣味にするくらいならゲームを趣味にした方がいいです。」

多分ですが、あなたの周りにいる知人や友人の方などもほとんどがこの様な考え方なのだと思います。

人間というのは、生きていく上で趣味が切っても切り離せないくらいに必要になってきます。

そんな数ある趣味の候補の中でも、読書というのはストレス発散ができ、知識も身につけることのできる最高の趣味になります。

読書のメリットはとてもたくさん!

読書はストレス発散だけではあります。読書、本を読むことによってたくさんのメリットを得る事が出来ます。

「文章力の向上」

「想像力が高まる」

「仕事などが上手く行くようになる」

この様なメリットが読書によって実際にあります。

私自身、仕事で悩んでいた時に読書によって私と同じジャンルの仕事をしている専門家の方の本を読みました。その専門家の方の知識を拝借して自分なりに職場で活用したところ、上手く職場の効率化を計る事ができ結果的に業績を上げる事が出来ました。

他にも本を読むことで自然と文章力が見に付き、これも仕事で書類を作る時や、人に指示を出す時にもしっかりと分かりやすい言葉を使えるようになりました。結果としてコミュニケーション能力も上がっていました。

コミュニケーション能力が上がるということは、家庭においてもストレスが減りました。

この様に読書によって得られるメリットは計り知れません。

私が以前、仕事でお世話になっていたある専門分野のコンサルタントの部長さんは、毎月必ず十冊は最低本を読むと教えてくれました。

それだけ本から得られる知識と言うのは人生において重要になってきますし、本を読むということに集中する事によってストレスを解消する事も出来ます。

正直、本を読む習慣が無い人からしたら読書はとても大変なことだと思います。もっと分かりやすく言うと、とても辛い行動だと思います。

しかし、本を読まないで損をする事はたくさんあっても、本を読んで損をする事はありません。むしろ本を読んで得られるメリットの方が何十倍もあるわけです。

もし、あなた自身が人生に悩んでいたりストレスを感じているのでしたら、読書をする事をオススメします。

少しづつでも良いですから、本を読んでプライベートも仕事も充実させていきましょう。

-読書