転職

【疲れた…けど大丈夫!】30代無職の転職活動は辛いし不利だしうつになりそう

もしあなたが無職だとしたら、とても辛くないですか?

「辛いに決まっているだろう~!」

という声が聞こえてくるのは、当たり前ですね。

無職だと収入がありませんし、家にいても家族との疎外感をとても感じてしまいます、

そのためか、うつになりそうな感情が出てきてしまいます。

何もすることがなく家にいても辛いので、何するわけでもないですが車で外へ出かけて公園でボーっとしてしまったりしていませんか?

私も以前に働いていた会社を、人間関係の悩みで退職してしまってから半年間無職になってしまいました。

本当に自分の存在価値ってないんじゃないかと思うくらいに、毎日が辛かったのを覚えています。

なぜならばそのときの私は、妻も子供もいるいい歳の中年男性です。

無職状態から転職活動をするのはとても辛いのですが、それでもしっかりと転職先を見つけて働くことはできます。

私も現在は、素敵なホワイト企業で働いています。

今現在、無職で転職活動中のあなたはぜひとも読んでみてください。

様々な解決方法がきっと見つかること間違いなしですよ。

無職での転職活動は辛い

無職での転職活動って本当に辛いものがありますよね?

履歴書と職務経歴書の書類を郵送して面接までたどり着けたとしても、企業の面接担当者によっては心無いことをいわれてしまったりもします。

「無職になるってあなた何考えてるの?」

「普通は次決めてから辞めますよね?」

「この何もない期間に何をされていたのですか?」

こんな感じでしょうか?

私も面接時に、実際にいわれたことがあるので辛さはとてもわかります。

周りの友人たちや近所の方々から、一体自分はどの様な風に思われているのだろうとか。

物凄い陰口をいわれているのではないだろうかとか。

色々と考え込んでしまい、マイナスの負の感情がこみあげてきてしまいます。

もし仮にですよ。

あなた自身が莫大な財産を持っていて、一生働かなくてもいいくらいのお金があるのでしたら無職でもいいでしょう。

その財産を投資に回していけば、ずっと生活ができるのですから。

しかし、実際にはその様な人はいないわけです。

私もそうですし、あなたもそうです。

人は働かなくてはいけません。

そんな無職のときに、気を紛らわせる方法としていくつかあります。

  • 温泉やサウナ
  • ウォーキング等身体を動かす
  • 読書をする

これらのことを私も無職時代に行い、少しでも気を紛らわせてきました。

ただこれらを行っていても、無職である状態には日々辛さを感じてしまいます。

無職での転職活動というのは、貯蓄していたお金もどんどん減っていってしまいますし、モチベーションも同時並行で減っていってしまいます。

全くといっていいほど、無職での転職活動は辛いだけで良いことは何もないのが事実なのです。

転職が怖いと思ってしまう無職状態

私自身は過去に1年間無職だったときがありました。

こうなってくると感情的にもたいへんなことがおこってきてしまいます。

働くことが怖いと思ってしまう状態になってしまうのです。

「一体自分はどんな仕事なら出来るのであろうか?」

自分に合った仕事って何だろうとか、自分は社会に適合できないのではないだろうかと色々と考え込んでしまう状況になります。

38歳で退職してしまい無職になったときも、少しのたくわえと失業保険で生活をしました。

しかし、みるみるうちにお金は無くなっていき、毎日毎日が不安に襲われてしまう日々。

例えば年代は違いますが20代などの若いうちの無職というのは、転職が怖いと感じることが多いと思います。

転職が怖いと思ってしまうのでしたら、それは当たり前だと開き直るのも手です。

なぜならば、転職して新しい会社へ行くということは、慣れない環境へ飛び込むということです。

無職じゃなくても怖いのは当たり前。

それが無職の状態だからなおさら怖いと感じてしまうのでしょう。

転職活動をするも無職だとうつになってしまう

無職状態が長く続いてしまうと、「うつ」になりやすくなってしまいます。

部屋に閉じこもってしまったり、家族とご飯を食べるのも避けてしまい、1人だけ違う時間に違う場所でご飯を食べたり。

自分は働いていない無職なのにご飯を食べさせてくれる家族に申し訳ないという気持ちで、再び落ち込んでしまい鬱っぽくなってしまったり。

この様に無職の状態というのは、うつになりやすいのです。

うつになりやすくなってしまう状態を打破するためには、転職をして働くこと以外にはありません。

人というのは、社会との接点がないと気分が落ち込んでしまう生き物です。

ましてや大人のあなたでしたら、働いているということが最大の社会との接点になります。

無職でうつになってしまう前に、あなたに合った転職先を見つけましょう。

転職活動をしても無職で働いていない期間があくと不利に?

無職状態を打破するために奮起していても、無職で働いていない期間があいてしまうと不利になってしまうのでしょうか?

私は半年間無職でもしっかりと正社員として転職できました。

1年間無職だったときもしっかりと転職することができました。

半年間無職だった38歳のときは、ハローワークで応募し転職をすることができましたが、1年間無職だったときは友人が働いている会社へ紹介され転職しました。

例えば働いていない期間が2年とか3年、もしくは5年とかになってしまうと転職活動をしていても不利になってしまうことでしょう。

企業側としても、そんなに働いていない期間があるとすれば、そもそも社会に適応できないのではないかと思ってしまうことだと思います。

このままでは無職の期間が1年を超えてしまうと思われた場合は、アルバイトでもいいので働いている期間を作るのがいいでしょう。

そうすれば面接でも、中々仕事が決まらないためアルバイトをしているとどうどうと言えますし、相手も理解してくれます。

不利な状態を作ってしまう前に、ケアすることをおすすめします。

転職でとりあえず派遣はおすすめしない理由とは?

無職の状態でとりあえず派遣で働こうと思っているのでしたら、おすすめはしません。

派遣で働いてしまうとそのままずるずると行ってしまう可能性も高いです。

派遣会社に登録して働くのが悪いわけではないです。

時給はとても高いですし、自由な働き方ができるのは魅力かもしれません。

しかし安定はしませんし、派遣切りなどということも起こりえます。

派遣で職を転々としてしまいますと、正社員として転職活動をしたときにもあまり良い印象を面接官は持ってくれないです。

とりあえず派遣で働くというのでしたら、まだアルバイトで直接雇用され働いたほうが良いでしょう。

その場しのぎの派遣での働き方というのは、避けて通ったほうが良いと思います。

30代の無職からでも正社員にはなれる

30代になってくると転職先も年齢で限られてくる場合がとても多いです。

転職35歳限界説もあるように、40代近くの年齢になってしまうと思うように転職はできない場合が日本には多いです。

しかし私自身も38歳で転職をし、そのせっかく転職した会社も1年で退職し39歳で再び年収アップの転職を勝ち取りました。

30代の無職からでも正社員としての転職は十分可能です。

正直、未経験の職種へ転職するのは大変かもしれませんが、あなたが経験してきた職種や業種でしたら比較的転職はできます。

30代で私は2回の転職をしましたが、どちらも今までの経験を活かすことのできる職種でした。

2回の転職のどちらもすぐに採用が決まりました。

38歳で転職した卸会社では、総務部長と所長の1次面接と別の日に設けた役員との2次面接が終了し、翌週には内定を頂きました。

この会社では、応募者の7割が書類選考で落ちると総務部長から後で聞かされたのですが、私の場合はその経歴が募集している職種とマッチしていたので、書類を確認してすぐに電話をしたと話していました。

39歳で転職した製造会社では、筆記試験をした当日に社長、総務部長、子会社社長の3人と面接をし、面接をした当日に電話がありすぐに内定が決まりました。

やはり今までの経験が活きたというわけです。

もしあなたが30代無職でしたら、まだまだ全然転職活動を成功させることは可能ですので、諦めないでください。

20代の若者の方達とは違って簡単に転職できるわけではないですが、自分の今までの経歴が活かせる職種へ応募すればすぐに転職できるでしょう。

まとめ

30代の無職でも、転職は十分可能であることをお伝えしてきました。

37歳のときに、自分が働いている営業所長の考え方についていけなかったのと、社員やパート含めた人間関係に疲れてしまい退職。

その次に転職するまでの約半年間の無職期間というのは、本当に辛いだけの日々でした。

けれども現在では、ホワイト企業の製造業で働いています。

30代無職の状態ですと、辛い感情が湧いてきます。

さらには、転職には不利になってしまうのではないかと不安が付きまといます。

ただし実際には、経歴的にも学歴的にもあまりよろしくない私自身が転職に成功しています。

あなたもきっと大丈夫です。

30代無職であろうと、自分の強みをしっかりと棚卸して転職活動をしていきましょう。

-転職