仕事 転職

転職しようか迷いがあるあなたへ。転職に不安や悩みはつきもの!迷ったときの解決方法をお伝えします。

「そろそろ転職活動しようかな~。」

あなたも現在働いている会社で3年、もしくは5年など働いていると会社への不満が出てきて転職を考えたりすることでしょう。

しかし、その反面…

「慣れた環境から飛び出すのも嫌だなぁ。」

と転職したいと思う気持ちとは裏腹に、新しい環境へ行くのが不安に感じてしまったり、億劫に感じてしまうことも多々あります。

転職すると心に決めても、不安を感じたり悩んでしまうことは当たり前です。

今まで転職を4回してきた私もそうでしたから。

それでは、転職をしようか迷いがあるあなたがどの様な行動をしていけばいいのかお伝えしていきます。

ぜひ、読んでみて下さい。

転職するかしないか迷うのはのは当たり前

「よぉーし!こうなったら転職だ!」

そう気合いを入れて転職活動をしたあなた。

しかし、実際に転職活動を始めて転職サイトに登録したり、転職エージェントと相談をしても何か引っかかってしまうことってありませんか?

  1. 今の会社でも良いのかもしれない
  2. 給料に不満はあるけど何とか生活できている
  3. やりがいもないし満たされないけど生きていけてる

この様に思ってしまってしまい、実際に転職活動を始めてみたものの、終了してしまう人もとても多いです。

実際に転職活動を始めてみると、転職をしようかどうしようか再び迷う人がほとんどなのです。

その迷う人の心情というのは、一時の会社での不満に対して転職活動を始めてしまっているからです。

「あんな奴と仕事をするのは、もう我慢ならない!」

多くの場合は、人間関係による転職を始めているわけです。

ですが、数日経過してみるとそんなイライラも無くなってしまっていることがほとんどではないでしょうか?

他にも、それほど生活に困っていないのに自分がやりたい仕事のために転職活動を始めてしまった場合も、転職することに迷うのは多いです。

何故ならば、やりたい仕事が本当にやりたい仕事かどうかは、実際にやってみないとわからないというのが心では感じているからです。

私も20代の若いときに、やってみたい仕事があり転職活動の末、内定をもらった会社をすぐに辞めてしまいました。

「こんな仕事だったとは…」

転職を考えるのは、一時の迷いの場合がとても多いのです。

であるとすれば、転職を迷うのは当たり前なのです。

転職先に迷うことも多い

「私は違うんです。本当に今の会社から転職したいんです!」

一時の迷いではなく、本気で転職をしたい人も当たり前ですがいます。

あなたも、本気で転職したいと思って転職活動をしてるのかもしれませんよね?

今までの経験や持っている資格などを活用できそうな転職先を探すも、転職先に迷ってしまうことも少なからずあります。

「建前では良い会社アピールしていたけど実際どうなのかな?」

「面接してみたけど、会社の雰囲気が静かだった…暗いってこと?」

「家族経営ってヤバくね?」

色々と転職先候補に挙げている会社について悩んでしまうのは当たり前です。

もし、あなたが転職先について悩み迷っているのでしたら、それは当たり前だと認識しましょう。

人間、誰しも迷います。

転職したい理由や決め手

今まで働いてきて慣れている環境を捨て、転職をするということは相当の決断が必要です。

悩みますし迷いますし、さらには家族がいれば家族の気持ちも考慮しなくてはいけません。

それでも、どうしても転職しなければいけないというあなたの強い気持ちがあるのも分かります。

働いていると、転職したいと思う理由や決め手が必ずあります。

そんな転職したい理由や決めてには、大きな3つの理由と決めてがあります。

将来が不安な仕事だから

「この会社、大丈夫か?」

「今働いている会社、買収されてしまいましたけど…」

「来期から年間売り上げの3割が減ってしまうのか~。」

あなたが現在働いている会社の業績が悪化してしまったら…不安ですよね?

そんな将来不安な職場で長く働いてしまうと、年齢を重ねて年配者になってしまったときにどうしようかと悩んでしまいます。

再就職先はあるのか…無い可能性が高いです。

40代後半になってからや、50代での転職活動というのは正直厳しいです。

30代になり、会社が不安な状況になってしまうと転職の理由や決め手になる場合がとても多いのです。

超ブラック企業だから

ブラック企業…いや、そんなのは生ぬるいというくらいのブラック企業もこの世の中には存在します。

超ブラック企業や、ドブラック企業です。

Aさん「俺の会社さぁ。毎月の残業時間が36協定の45時間目いっぱいあって嫌だよ。」

Bさん「え?それだけ??俺の会社って毎月残業時間120時間あるけど。」

Aさん「…嘘?」

Bさん「リアルに本当。さらに月に2回は残業とは別に休日出勤付き。」

Aさん「…(自分は幸せだなぁ~)」

この様な超ブラック企業で勤務していると、当然ですが転職したいという理由と決定的な決め手になることは当たり前ですよね。

この様な超ブラック企業で働き続けていれば、身体を壊すのは当たり前です。

心も精神も壊してしまい、病気になってしまうことも当然あることでしょう。

私の友人にも実際いましたからね…

自分にだけ冷たい職場

あなたも、もしかしたら勤務している会社でこの様に感じることもあるかもしれませんね…

「何でうちの会社って自分にだけ冷たいんだろう?」

ある個人に対してだけ、冷たく接してくる職場ってあります。

これ、実はどこの職場でもあります。

周りの人達は和気あいあいと仕事をしているのに、自分に対してだけは塩対応で冷たい。

そんな風に感じてしまうと、転職をする決め手になります。

そもそもなぜ冷たい対応をされるのかというと、あなたがその会社の社風に合わないからという理由があります。

他には、何か自分の知らないところでやらかしてしまった結果、社内業過がガクッと下がってしまったとかあります。

もしかしたら、あなたにも問題あるかもしれません…

結果、あなたという自分にだけ冷たい対応をしてくる職場で働いていると、まともな人では仕事を続けることが困難ですので、結果として転職の理由や決め手になってしまいます。

転職活動をし内定をもらっても決断できない理由

色々と悩み迷いながら転職活動をし続けていると、いくつかの企業から内定を頂けることもでてきます。

「やった!内定ゲット!…しかしなぁ。」

あれだけ転職活動に苦労をしているにもかかわらず、せっかくもらった内定先企業への転職に億劫になってしまい転職することを悩んでしまう。

年収が低く、家族を養っていくのが難しい企業に働いているにもかかわらず、せっかくの内定に悩み決断できない。

そんな心情には、いくつかの理由があります。

あなたにも、心当たりはありませんでしょうか?

内定もらったけど不安

内定をもらっても不安でしょうがない。

これは、転職活動あるあるの話です。

誰もが知っている大手企業系列の会社であり、年収も100万円近くアップ!

そんなメリットだらけにもかかわらず、不安で不安でしょうがない。

これには主に2つの理由があります。

1,新しい環境への不安

人間というのは、新しい環境へは不安を感じるものです。

あなただけではないのです。

誰しもが、新しい環境へ飛び込むのは不安で不安でしょうがないのです。

例えるならば、知らない湖へ飛び込みダイビングするのって怖いし不安ではないでしょうか?

どんなに飛び込みが慣れているからといっても、初めての場所というのは不安ですよね?

常連で行き慣れているラーメン屋から、新しいラーメン屋へ初めて行くのだって不安です。

それと同じで、新しい環境は人間不安を感じるものです。

2,自分に務まるかという不安

せっかくもらった内定先企業での自分自身の活躍が見えない…

「果たして、自分自身に新しい職場での仕事が務まるのか?」

この様に不安に思ってしまい、せっかく頂いた内定に対して転職の決断をできないことも多々あります。

この内定先が、今現在あなたが勤めている企業よりも規模が大きければ大きいほど不安に襲われます。

私自身もそうでした。

東証1部上場企業の子会社から内定をもらったときは、本当に嬉しかったのですが…

次第にプレッシャーが襲ってきました。

マネージャーという大役での採用です。

プレッシャーを感じない方が、おかしいのは当たり前なのですが、不安に感じてしまいました。

内定先の口コミが評判悪い

あなた「転職先企業が決まったんだよ!」

友人「おめでとう!良かったじゃん。ところでどこの会社?」

あなた「〇〇株式会社っていうとこなんだけど。」

友人「今ネットの口コミサイト見て調べたら、相当評判悪いみたいよ。」

あなた「えっ?」

転職するときに、誰もが1度は目にするであろう企業の口コミサイト。

あなたも友人などと転職活動の話をしていれば、この様な口コミサイトでの情報で実際に転職しようかどうしようか悩んでしまうことだと思います。

私も、実際に転職活動をし内定をもらった会社は、口コミがあるか調べていました。

「口コミ何てあてにならないよ。気にしない気にしない!」

といってもいいのでしょうか?

私が過去に、働いた会社の口コミを見てみると9割は事実が書かれています。

情報が集まる時代というのも、ある意味怖いというかなんというか…

内定をもらった企業の口コミが悪いと、入社しよいうかどうしようか二の足を踏んでしまいます。

通勤するには引っ越しをしなければいけない距離

せっかく希望した業界や、あなたがやりたい職種への転職が決まったにも関わらず…

その会社へ通勤するには、引っ越しをしなければ通えない距離だと悩んでしまいます。

私もマネージャー採用で転職が決定した、上場企業の子会社へ120万円年収がアップしたにも関わらず辞退しました。

理由は、引っ越さなければいけなかったからです。

私の地元から約320キロも離れている静岡県内への着任だったからです。

さらに全国各所に支店があったため、転勤も発生するというのも辞退の理由でした。

年収も大幅アップし、仕事もやりたい仕事だったのですが辞退。

そんな私も現在は単身赴任ですが、それでも地元のある同じ県内だから何かあればすぐに帰れる距離だからです。

転勤も無いですしね。

転職活動をしていると、どうしても様々な転職サイトや転職エージェントからスカウトが来ます。

直接、企業からのオファーも来ます。

大阪、福井、神奈川などから私もいくつかのオファーを頂きました。

現在働いている会社も、県外からの移住者も何人かいます。

今の企業というのは、県外からも幅広く人材を募集しているので、移住して転職しても良いと思っているのでしたら、転職して引っ越しもいいかもしれません。

ただし、引っ越しにも費用が掛かってしまうので、転職して住む場所が変わるとなると辞退する人が多いです。

転職先が決められない

転職活動をし、実際にいくつかの内定先をもらっていても…

「どこへ転職すればいいのか決められない!」

転職したくて転職活動をスタートしたにもかかわらず、実際に転職先が決まってもどこへ新たに働きに行けばいいのか決められない人がいます。

何てぜいたくな悩みなのだろうと思う人もとても多いと思いますが、これがかなり悩ましい出来事なんです。

もし、あなたが志望している業界への企業へ3社応募したとします。

3社のうち2社から内定をもらいました。

2社のうち1社は、志望していた業界であり尚且つあなたの経験が活かせる部署で働きやすい。

もう1社は、志望していた業界ではありますが、あなたの経験を別の部署、全くの畑違いの部署で活かして働いて欲しいとの希望であるが、内定をもらっているもう1社よりも年収が120万円多い。

これ、悩んでしまいますよね?

あなた自身の経験が活かせる働きやすさとやりがい、とても重要です。

全くの畑違いの部署への着任で不安もあるけれども、年収が高いポジションでの転職というのも重要です。

この様に、内定をいくつかもらった転職先を、どこにするのか決められないということが発生することがあります。

私自身も経験があります。

年収が、大幅にアップのマネージャーとしての役職採用。

年収は、前職と最初は変わらないが1年間の働きを見て前職と同じにする一般採用。

私自身は、家族と話をして後者へ決めました。

もし、あなたが若くてバリバリ日本全国どこへでも行って稼ぎ、キャリアアップしていきたいと本気で考えているのでしたら、年収アップを狙っていってもいいでしょう。

30代や40代の家族を持っている状況でしたら、家族としっかりと話し合って決めて下さい。

幸せな転職や幸せな生活というのは、人それぞれ十人十色、違っていて当たり前なのですから。

転職するのに迷うならやめたほうがいい

転職をすると思ったとき…

「給料が安いから転職をしよう。」

「人間関係が最悪だから転職をしよう。」

「働いていてもスキルも身に付かないしつまらないので転職をしよう。」

これら3つの理由と、その時のあなたの感情で転職活動をスタートする人が意外と多いです。

しかし、実際に転職活動を始めてみるものの、悩みが出てくる人も多いです。

「転職したいと本気で思っているのかな?」

この様な悩みです。

この悩みですが結論からいいますと、転職するのに迷っているなら転職するのをやめた方がいいです。

本気で今現在よりも生活を良くしたいと思っているのでしたら、転職すること自体に悩むことはありません。

「給料も安く残業代も毎月6時間しかつかない。さらに人間関係も最悪。転職するしかない!」

この様に感じ、私は転職して現在はホワイト企業で働いています。

会社で働いていれば、誰だって不満や不安はあります。

一時の感情で、転職活動を始めてしまう人も大勢いて、その転職の結果が後悔というパターンもとても多いです。

もし、あなたが現在転職活動中でいくつかの企業から内定をもらっているにもかかわらず…

「本当に転職しても良いのかな?」

などと、心に迷いが生じているのでしたら、今は転職することをやめた方が良いという心のサインです。

働いていれば、色々な嫌なことがあって当たり前です。

転職に迷いうということは、今働いている会社でもまだあなた自身が良くなる解決策があるということです。

頑張って頑張り続けた挙句、解決できなかったときに転職をしましょう。

まとめ

ここまで、転職しようかどうしようか悩んでしまっていたり、迷っているときについてお伝えしてきました。

転職というのは、今まで慣れ親しんできた環境から不慣れな新しい環境へ行くことです。

誰だって、嫌です。

例えるならば、日本にずっと住んでいた人がアメリカで生活するようなものです。

少し例えが大きすぎましたが、これ位に新しい環境へ行くということです。

口コミサイトの評判や、転職先の勤務地。

他にも転職後の転勤の有無や、実際にもらえる年収。

残業代がしっかり出るのか、人間関係は良好なのか、昇給や退職金はあるのか。

面接時には、良いことしか言わないのが面接官でもあります。

そのため、実際に働いてみてからわかることもたくさんあるのが転職です。

転職に不安や悩みはつきものです。

実際に転職してはずれを引いてしまったのであれば、再び転職というチャレンジをすればいいだけです。

迷わず行けよ、行けばわかるさ!

転職だろうと何だろうと、努力をし行動した者だけが幸せを手に入れることが出来るのですから。

-仕事, 転職